スマホNEWS&TOPICS

スマホを持って使わなくなったツールTOP10

2015.12.11 FRI


「書籍・雑誌」がスマホによって使用頻度が低くなったと答えた人は5.9%と、電子書籍が手軽に利用できるにもかかわらず、意外と少なかった。
今や1人1台持っているのが当たり前になりつつあるスマートフォン。単なる連絡手段としてではなく、カメラや音楽再生機能が搭載されていたり、様々なアプリで機能を追加したりできる、便利なツールとして手放せない存在になっているはず。そうなると、スマホで代用できてしまうがゆえに、使われなくなっているものもあるようで…。スマホを使うようになってから、使用頻度が少なくなったものを20~30代のスマホユーザー男女221人に聞いた。

〈スマートフォンを使うようになって、使用頻度が少なくなったものTOP10〉

※もともとの使用頻度が低いものは除外し、複数回答。協力:ファストアスク

1位 音楽プレーヤー 30.3%

2位 デジタルカメラ 28.5%

3位 目覚まし時計 27.1%

4位 紙の地図 25.8%

5位 電卓 22.2%

6位 携帯ゲーム機 19.5%

7位 紙の時刻表 17.6%

8位 パソコン(自宅用) 14.0%

9位 腕時計 12.7%

10位 紙のメモ帳 10.9%

ランクインしたどの機能も、専用機器を凌ぐほどの性能を、スマホが持つようになってきているものばかり。このほかには、「辞書・電子辞書」と「アナログ手帳」7.7%、「ボイスレコーダー」6.8%などの回答があった。

これからも進化を続けるであろうスマホ、今後どんな機能がスマートフォンに備わってほしいと思うか聞いてみたところ…、

「欲しい情報を自動収集してくれる機能」(32歳・女性)

「ボタンを押すと(スマートフォンが)大きくなる機能」(36歳・男性)

「脳に埋め込んで欲しい」(33歳・男性)

と、SF映画に出てきそうな機能が飛び出した。しかし、「すでに十分」(31歳・男性)や「今の機能で不便を感じていない」(33歳・女性)などの回答も多く、ほとんど人が「特にない」模様。また、「これ以上便利になっても使いこなせない」(35歳・女性)と答えた人もいるように、現状に満足している人が多いようだ。

高機能化が進み続けるスマホだが、今回の

アンケートに28.1%の人が「使わなくなったものは特にない」と答えている。使用頻度や使い勝手を考えて、専用機器とスマホを併用するのがよいのかも?

(河島マリオ)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト