声を張ってメジャー曲を歌い上げろ!

歌下手男子でも歌える女性曲5選

2016.01.12 TUE


「ヘビーローテーション」(AKB48)のようなアップテンポの曲は、バラードよりも音程のズレが目立ちにくいのだとか。場を盛り上げるのにもピッタリだ
忘年会シーズンを乗り切っても年が明ければ新年会、そして春になれば歓送迎会…と、何かとカラオケに足を運ぶ機会の多いこの季節。“歌下手男子”からすれば、なかなかハードな日々だろう。特に悩ましいのがレパートリー。普段よく聴く曲が女性ボーカルばかりだと、“歌下手がキーの高い女性曲を歌って場がしらける”という悲劇が訪れないとも限らない。

そこで、ポップンビートカラオケスクールの伊東美玖さんに、歌下手な男性でもうまく歌える “女性ボーカル曲”について教えてもらった。

「そもそも声を張れば出せる高い音の方が歌いやすい。だから、歌下手な男性にとっては女性ボーカル曲の方が向いていることもあるんです。ただ、歌の難しさ以前に注意したいのは“場の空気をしらけさせない選曲”をすること。女性目線で女心を歌う可愛いイメージの曲は避け、誰でも知っているメジャーな女性ボーカル曲がいいでしょう」

例えば、恋する女性のキモチを歌い上げる恋愛ソングを男が気持ちよさそうに歌うと、いくらうまくても周りはドン引き…というわけだ。

ということで、そんな注意点を踏まえつつ伊東さんに教えてもらった「歌下手男子におすすめの女性ボーカル曲」をご紹介しよう。

●「ヘビーローテーション」(AKB48)
「アイドルソングは男性が歌う女性ボーカル曲の定番。特にAKB48は誰でも知っている曲が多く、アップテンポで場を盛り上げることもできます。声を張って勢いで歌いきれば、歌が苦手な人でもそれほど難しくありません」

●「Let It Go~ありのままで~」(松たか子)
「バラードですが、これも声を張って高い声を出して、勢いで歌える曲。母校の校歌のようなノリで歌ってみるとうまくいくでしょう。May J.さんバージョンを意識するのではなく、松さんのように歌うことがポイントです」

●「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)
「アニメソングですが知名度は抜群の盛り上がれる曲。キーもそれほど高くなく、地声よりちょっと高めから歌い出せるので、歌が苦手な人でも大丈夫。サビ終わりにかなり高い音になりますが、そこだけは裏声でも何でもいいので頑張って乗り切って」

●「なごり雪」(イルカ)
「古いですが定番の曲。歌い出しが男性の地声に近い低い音なので、スムーズに曲に入りやすい。“高い音が出しにくい”という人にはぴったりです。サビになると音の高低が激しくなるので、そこをうまく加減するのがポイントです」

●「つけまつける」(きゃりーぱみゅぱみゅ)
「これこそ“勢いだけで歌える”曲。照れを捨てて思い切りふざけるくらいのノリで歌いましょう。もともとアップテンポだし、それほどキーも高くないのでうまい下手はあまり目立ちません。道化になって盛り上げるつもりで」

新旧入り混じり、様々な世代に受けそうなラインナップになったがいかがだろうか。最後に伊東さんに女性ボーカル曲を歌うときのコツを聞いた。

「キーをあまり気にしないこと。女性曲でも最初は原曲キーで歌ってみて、うまく歌えないときはひとつふたつではなく思い切って5つくらいキーを上下させましょう。そうすると音程が取りやすくなります。自分の地声にあわせてキーを下げるのではなく、逆にキーをあげて1オクターブ下を歌う方が下手に聴こえにくいかもしれません」

このアドバイスを参考に、これからは女性ボーカル曲でカラオケのヒーローを目指すべし!?
(鼠入昌史/office Ti+)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト