自分のことを考えて彼女が選んでくれた! とはいえ…

正直うれしくない!プレゼント1位

2016.02.09 TUE

世論調査


たとえ自分の趣味と違うプレゼントをもらったとしても、こんな表情は見せないように!
もうすぐやってくるバレンタインデー。もし、“本命”をもらえそうな相手がいる人なら、チョコレートに加えて、もう1品、何かプレゼントがあるかもしれない。どんなものを贈ってくれるのか楽しみな一方で、女性が選んでくれるプレゼントの中には、少しズレていたり、“ありがた迷惑”な贈り物もあったりするもの。そこで、女性からもらっても「うれしくない」とちょっと拒否したくなるプレゼントについて、20~30代の男性会社員200人に聞いてみた。

●「正直うれしくない!」プレゼントTOP10
(全15項目から上位3つを選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)

1位 おもちゃ(ぬいぐるみ) 258pt
2位 フィギュア(置物) 166pt
3位 香水 124pt
4位 洋服 95pt
5位 スマホケース 73pt
6位 ヘッドホン 70pt
7位 名刺入れ 67pt
8位 シャツ(ワイシャツ、カラーシャツ) 58pt
8位 ネクタイ 58pt
10位 マフラー 44pt
10位 腕時計 44pt

※番外
12位 財布 39pt
13位 パンツ 36pt

2位に大差をつけて「うれしくない」1位に輝いたのは、ぬいぐるみなども含む「おもちゃ」。「フィギュア」が2位に入り、趣味性の高いアイテムは嫌われる傾向にあることがわかった。一方で「名刺入れ」や「シャツ」「ネクタイ」などは下位となり、プレゼントの王道ともいえるビジネスグッズはあまり敬遠されないようだ。以下、具体的なコメントを見ていこう。

【1位 おもちゃ】
「邪魔になるから」(35歳)
「おもちゃに興味がないから」(34歳)
「この年でおもちゃを貰っても…」(38歳)
「昔、大きなぬいぐるみをもらったが、置き場に困った」(36歳)

【2位 フィギュア】
「実用性を感じないので」(36歳)
「全く趣味じゃないので、もらっても嬉しくない」(39歳)
「プレゼントとしたら何か不敵な意図がありそう」(39歳)
「誰からもらってもいらない」(27歳)

【3位 香水】
「使わないから」(24歳)
「普通に嬉しくない」(26歳)
「体臭に問題があると思われていそうと感じてしまうから」(35歳)
「香水をつける習慣がなく、職場でも香水は認められていないのでつける時間が無い」(32歳)

【4位 洋服】
「自分できめたいので」(31歳)
「センスが合わないことが多いから」(37歳)
「サイズや、似合うかが心配」(39歳)
「趣味の合わない服をもらって困ったことがある」(34歳)

【5位 スマホケース】
「興味ない」(39歳)
「好みが分かれるから」(36歳)
「自分の好みがある気がするので」(36歳)

【6位 ヘッドホン】
「もっと特別なものを欲しいから」(30歳)
「自分の耳に合うものを選びたい」(35歳)
「ヘッドホンの選び方には自分なりの基準があるので、人から貰ったものは多分自分に合わないと思うから」(29歳)

【7位 名刺入れ】
「なぜ名刺入れなのかと思う」(38歳)
「既に自分で買って持っているから」(32歳)
「平社員だと名刺はないので、名刺入れをもらうということは、早く出世しろと言われているみたいだから」(36歳)

【8位 シャツ(ワイシャツ、カラーシャツ)】
「センスがわかるから」(23歳)
「自分の趣味で買いたい」(28歳)
「こだわりが有るから自分で選びたい」(31歳)

【8位 ネクタイ】
「自分の好みと合うことがないので」(27歳)
「柄の趣味が合わない」(29歳)
「もらって嬉しいと思わないで」(36歳)

【10位 マフラー】
「使わない」(37歳)
「たくさんあるから」(23歳)
「マフラーを巻く習慣がないから」(37歳)

【10位 腕時計】
「携帯があるから」(36歳)
「自分の好みに合わせたい」(27歳)
「値段が高いもので好みが合わないと勿体無い」(39歳)

使用シーンを選ぶ「香水」などは、普段つける習慣がないのにもらってしまうと困ったり悩んだりしてしまうようだ。そのほか、「うれしくない」とする理由で多かったのは、「センスが合わないと思うから」「センスが問われる」など“センス”にまつわる指摘。確かに言葉で表すのは難しいが、それを普段から伝えるのも大事なこと。自分を思ってプレゼントしてくれた女性を逆にがっかりさせないためにも、好みを伝えることは大切なのかもしれません。

(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト