性欲ある女性、3割は「独りでする」

知られざる女性の性欲解消法TOP5

2016.03.02 WED

働く女子を応援!L25タイムス > 夜のヒメゴト白書


「セルフケアを行う際に女性向け動画を見る」(25歳)と解消法を併用する女性も 画像:bee / PIXTA(ピクスタ)
近年、女性誌のセックス特集や女性向けのセクシー動画を頻繁に見かけるようになるなど、女性の性やセックス観が堂々と語られるようになってきました。かつては「性欲があるのは男性」「女性には性欲はない」と思われてきたけれど、実際は「ある」ものですよね…!? そこで今回は、女性の「リアルな性欲」を知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(調査協力:アイリサーチ)。

はじめに「性欲が高まっているなぁ、と感じるときはありますか」と尋ねたところ、「ある」(74.5%)、「ない」(25.5%)との結果に。7割以上の女性が、性欲が高ぶることを自覚している模様。では、性欲の高ぶりをどうおさめているか、詳しく聞いてみました。

■女性の性欲解消法TOP5
(全9項目から当てはまるものをいくつでも選択)
1位 セルフケアを行う(グッズは使わない)(29.5%)
2位 女性向けの動画を見る(ネットやDVD含む)(26.2%)
3位 セクシーな気分になれるマンガを読む(21.5%)
4位 男性向けの動画を見る(ネットやDVD含む)(18.8%)
5位 セルフケアグッズを使う(10.1%)

※番外編
・セクシーな気分になれる小説を読む(8.7%)
・女性向けの画像を見る(ネットや雑誌含む)(8.1%)
・男性向けの画像を見る(ネットや雑誌含む)(8.1%)

3割近くが「グッズを用いないセルフケア」を選択。セルフケアによって性欲の高まりをコントロールしていることがわかります。そして2位には「女性向けの動画を見る(ネットやDVD含む)」がランクイン。「男性向けの動画を見る」も5位にランクインするなど、映像を使って解消するのは男性ばかりではないといえそう。続いて、それぞれを選んだ理由やエピソードを詳しく聞いてみました。

【1位 セルフケアを行う(グッズは使わない)】
「道具は恥ずかしくて使う気にならないから」(25歳)
「グッズは無機質なので頼らないと決めている」(29歳)
「手軽に解消できるから」(26歳)

【2位 女性向けの動画を見る(ネットやDVD含む)】
「男性向けのものより共感できるため」(27歳)
「インターネットで無料で見られるから」(27歳)
「女性向けの方がハードではないので」(39歳)

【3位 セクシーな気分になれるマンガを読む】
「漫画の中には理想のイケメンがいるから」(25歳)
「動画は生々しくあまり好きではないから」(26歳)
「絵があると妄想しやすいから」(26歳)

【4位 男性向けの動画を見る(ネットやDVD含む)】
「女性向けより過激だけど達しやすいから」(27歳)
「男性向けの動画の方が企画ものやフェチなどカテゴリー分けされているので、その時の気分によって選べてよい」(26歳)
「激しめがいい日は男性向けに限る」(29歳)

【5位 セルフケアグッズを使う】
「妄想(イメージ)も含め自分の中で色々と盛り上がりたいときは力を借りる。こちらの方が満足感は大きい」(33歳)
「時間があるときは使った方が満足度が高い」(39歳)
「使わないのは無理」(27歳)

ちなみに、【その他】を選んだ人には、「寝て起きると欲がなくなっていることが多い」(26歳)、「考えないようにする」(29歳)という声も。「こらえる」という選択もあるものの、欲を溜め込んでしまうと心身にプラスの影響はないともいえます。あんまり押さえ込みすぎずに、上手に付き合いたいものですね。
(池田園子)

■夜のヒメゴト白書 第12回

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト