ネット界の“旬”なニュースをお届け!

児ポル再修正案 漫画アニメ規制外へ

2014.04.28 MON

噂のネット事件簿


今年3月に反対表明をした日本ペンクラブ。昨年日本マンガ学会や漫画雑誌なども改正案への反対声明を出している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4月23日、みんなの党の山田太郎議員が、継続審議となっている児童ポルノ禁止法修正案に、山田氏の意見に基づき手を加えた再修正案を自らのサイトで公開。そこで提示された案では、マンガやアニメなどが審査対象から削除されていることが明らかになり、ネットで話題になっている。

児童ポルノ禁止法改正案は、2011年に自民・公明両党によって提出され(その時は衆議院の解散により廃案)、昨年5月に自民・公明、日本維新の会が再度提出。しかし「児童ポルノ」の定義が曖昧であることや、表現の自由の確保などの観点から批判が相次ぎ、継続審議となっていた。

昨年5月に改正案が提出された際には、山田氏が、自らと同じ「山田太郎」という名の主人公が活躍する『ドカベン』内の幼女の入浴シーンを例にあげ、「こんな本も発禁になる可能性がある」と、国会で質問。架空のキャラクターを表す「非実在青少年」というネット上で単語が話題となったが、マンガやアニメについては、判断基準があいまいなため、表現の自由を制限すると指摘されていた。

山田氏はさらに踏み込んで、「児童ポルノ」という名称を「子どもの性的虐待の記録」と改めるよう求めている。これは、同法の目的が、児童に対する性搾取および虐待を防ぎ、権利を擁護することにあるため、山田氏は「『児童ポルノ』には解釈が生まれる余地があるが、『性的な虐待の記録』であれば解釈の余地が生まれない」と説明している。

ただし山田氏は、マンガやアニメが対象外としたことについて、党内で今後話し合いをするため、「付帯決議等でどのようにマンガ・アニメが取扱われるかはまだ不透明な状況です」と断っており、今後審査対象に入る可能性を示唆している。同法案を巡ってのせめぎあいは、まだまだしばらく続きそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト