中小企業は「新しいツールを覚えるヒマなんてない」!?

「お金も人手も時間もない」中小企業の顧客リピート率を救うLステップに、厚切りジェイソン共感

PR

株式会社Maneql

仕事
お店やビジネスをしている事業者にとって、“顧客のリピーター化”はとても大切なこと。

マーケティングの世界において、「新規顧客の獲得ではなく、“継続顧客の獲得”から設計すべしというのは有名なお話です。

しかし、LINEでの自由自在な顧客管理や配信を実現可能にしたマーケティングオートメーションツール「Lステップ」の創業者・田窪洋士さんによると、リピート率を高めるための施策を実践できている事業者はとても少ないのが実態なのだとか。
【右:田窪洋士(たくぼ・ひろし)】株式会社Maneql代表取締役【左:中村誠(なかむら・まこと)】株式会社REXLI代表取締役。LINEマーケティングプロデューサー
なぜ少ないのか? どうすればリピート施策を実践できるのか?

今回は、Lステップご担当者のおふたりたっての希望で、お笑い芸人でありながら、IT企業の役員でもある厚切りジェイソンさんをお呼びし、予算・人手不足など顧客のリピート化に手が回りにくい「中小事業者の悩み」を突破する方法について語り合っていただきました。

厚切りジェイソンさんに「Why?」を言わせない、“納得のマーケティングメソッド”とは…?
【厚切りジェイソン(あつぎりじぇいそん)】1986年生まれ。アメリカ出身。2011年に来日し、2014年デビュー。2015、2016年には「R-1ぐらんぷり」でファイナリストに。お笑い芸人としての活動と並行して、IT企業で役員を務める。著書に『ジェイソン流お金の増やし方』(ぴあ)など
〈聞き手=サノモトキ〉

LステップはLINE版のSalesforceのようなもの

田窪さん

田窪さん

ジェイソンさん、本日はどうぞよろしくお願いします!

Lステップ創業者の田窪です。
中村さん

中村さん

Lステップコンサルタントの中村です。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

ふたり合わせて、チョコレートプラネット!!!
それはLステップのCMに出ているおふたりです
田窪さん

田窪さん

よくご存知ですね(笑)! CM、見てくださったんですか。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

はい、タクシー広告で強制的にですけど(笑)

よく目にしてますよ。
出典Youtube
中村さん

中村さん

ありがとうございます(笑)。

改めてサービスを説明させていただきますと…Lステップは、LINEでできるBtoC向けのマーケティングオートメーションツールです。

LINE公式アカウントにLステップを接続することで、「初購入のお客さまにはこの情報、2回目購入のお客様にはこのクーポン…」といった具合に、顧客の属性に合わせたセグメント配信や、細やかなステップ配信などができます。
※LINE公式アカウント…LINE上で企業や店舗がアカウントをつくり、ユーザーにダイレクトに情報を届けられるサービス
※セグメント配信…ユーザーを条件別に分類し、それぞれのニーズに合わせたメッセージを送ること
※ステップ配信…友だち追加したユーザーに対して、あらかじめ用意しておいた内容・タイミング・期間でメッセージを自動配信できる機能
中村さん

中村さん

ジェイソンさんにわかりやすくお伝えすると、“LINE版のSalesforce”みたいなイメージです。
※Salesforce:セールスフォース・ドットコム社が提供する、クラウドベースのマーケティングオートメーションツール。全世界で導入数15万社を誇ります
さっそくLステップのメニュー画面を確認するジェイソンさん
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

「LINE版のSalesforce」というのは、非常にわかりやすい例えですね。

ようは、「顧客の“リピーター化”に必要なコミュニケーションを、顧客に合わせてピンポイントかつ自動で実施できる」わけですよね。

Salesforceのようなマーケティングオートメーションツールは今の時代もう必須アイテムというか、アメリカでは昔から浸透してますけど、最近は日本でも増えてるんじゃないですか?
田窪さん

田窪さん

僕らのようなサービス自体は増えてますし、BtoBでは「リピート率」は非常に重視されている指標なんですが…

飲食店や美容院などBtoCの世界ではまだまだ普及していない現状があるんですよ。

僕らが広めていきたいなと思っています。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

取り組むべきというか、やったほうが普通に有利ですよね。

基本的に、リピート施策って裏目に出てる例も多いですから。
田窪さん

田窪さん

おっしゃる通りです。

一度買い物をしただけのオンラインショップから何度もメールが来るのとかも、すごくフラストレーションたまりますよね。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

買い物をしたからといって、その会社の他の製品に必ずしも興味があるわけではないですからね。

僕は不要なメールが届いたら、即ブロックして二度と受信しないようにしています。
さすがの徹底効率主義
中村さん

中村さん

ジェイソンさんのように即ブロックするお客さんも多いんですよ。

「1日で受け取る情報が多すぎる」ことに辟易としている人が増えているということだと思います。
田窪さん

田窪さん

だからこそパーソナライズが大事で、“その人に必要な情報だけ”を届けないといけないんですよね。

Lステップのユーザーさんでは、始めにアンケートや診断機能を使って欲しい情報を調べておいて、ブロック率を限りなく下げるという使い方施策を取っている方も多いですね。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

ユーザーからしたら、ほしいときに、ほしい情報を届ける」ができない企業を選ばなくなっていくのは当然の流れですからね。もう今の時代の最低条件なので。

たとえ広告でも、本当にほしい内容だったら嫌われないんですよ。

僕はインコを飼ってるんですが、最近インコについて調べすぎてもうインコの広告ばかり出てくるんです。でもインコに関する広告なら全然イヤじゃないですね。本当にほしい情報だから、インコ関連の広告は基本読んでますよ。
何回インコ言うの

「導入したくてもできない…」中小企業の切実な課題に応えるLステップの“圧倒的強み”

厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

ちなみにLステップでは、「BtoCでリピート率重視の考え方がまだあまり普及していない理由」をどう分析しているんですか?
田窪さん

田窪さん

リピート率が重視されていないのは、二つの理由があると思います。

一つは、「お金」の問題

Lステップ以外にもマーケティングオートメーションツールっていろいろあるんですが、多くは大企業しか利用できないような価格帯のものばかりなんですよ。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

まあ美容院とか個人の飲食店が大企業と同じ導入コストを払うのは、若干キツいよね。
田窪さん

田窪さん

もう一つは、「人手と時間が足りていない」こと。

みなさん、「リピート施策が大事」なんてことはわかってるんです。

でも、少人数で事業を切り盛りされているところは、「来店した人にお礼のメッセージを送る」を実践する人手も時間もない。これが大きな原因なんです。
「クリニックも美容室もパン屋も、みんな忙しくて手が回らないんですよ」
田窪さん

田窪さん

なのでLステップは、導入コストは月額2980円から。

小規模な事業者さんや個人事業主の方でも導入しやすいよう、徹底的に価格にこだわりました

そして、「人手と時間の不足」に応えるため僕らが用意した究極の強み。それが「LINEでできる」という点です。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

まあ、そこでしょうね。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

こうしたツールが小さな企業に普及しない大きな要因は、「使いこなせない」なんですよね。

人手も時間もない企業からしたら、「新しいツールの使い方なんて、覚えてるヒマないよ!」で終わりだから。
田窪さん

田窪さん

まさにおっしゃる通りで。

だからこそ我々は、ユーザー数“9200万人”と言われているLINEで使えるサービスを開発したんです。

もちろん、圧倒的なユーザー数を誇るLINEはマーケティング精度の観点でも相性バツグンですが、それ以上に「お客様が日頃から慣れ親しんだツールで使える」というところにLステップ一番の価値があると思います。
「LINEは、日本のほとんどの人が使っていますから」
中村さん

中村さん

ひとつLステップの実績を紹介しますと、オンライン診療アプリを独自に作ったものの、結果使われず“ゾンビアプリ化”してしまっている病院さんって少なからずいらっしゃるんですが…

そこをLINEに変えるだけでオンライン診療の予約率が1%から18%に上がった事例があるんですよ。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

18倍⁉ それはすごいね。

でもまあ、最近よくDX、DXって言いますけど、使いこなせて初めてメリットを感じるわけですからね。

小難しく思えるサービスほど、人が日常的に使っているコミュニケーションツールに入れ込むというのは、とてもいいアプローチだと思います。
中村さん

中村さん

本当に、ラインに置き換えただけで劇的な効果が見込まれるユーザーさんがとても多いので…

少しだけ強気に言うと、「なんでみんなLINE使わないのかな?」って思ってしまうくらい、ここの強みには自信があります(笑)。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

Why⁉ Japanese people⁉
田窪さん

田窪さん

Why⁉ Japanese people!!!
頑張る社長

「いい道具も、使い方がわからなければ使えない」Maneqlが提供するオープンイノベーション大学とは

田窪さん

田窪さん

そのうえで、最後にもうひとつ僕らだけの強みをお伝えしたいんですけど…

Lステップは、マーケティングなどのビジネススキルについて学べる「LINEを使ったビジネスコミュニティ」を無償提供しているんです。

オープンイノベーション大学」っていうんですけど。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

大学。というと、学生さん向けのコミュニティですか?
田窪さん

田窪さん

いえ、社会人向けの学び直しの場といいますか、いわゆるリカレント教育としてやっています。

学生も、フリーランス経営者も、もちろんLステップの顧客のみなさんも

幅広い方に、マーケティングやコピーライティング、動画制作、WEBデザイン、WEB広告、プログラミングなどを無料で学べるようにしているんです。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

無料? なぜ無料で?
田窪さん

田窪さん

Lステップは自分で言うのもなんですが、いいツールなんですよ。

でも、魔法のツールではないので、“使い方”が大事なんです。

そこで、Lステップでより成果を出す後押しをしてくれるようなスキルや知識を、コミュニティで学べるようにしました。
現在、登録者は約2万人とのこと。大きなコミュニティです
田窪さん

田窪さん

それにもうひとつ、オープンイノベーション大学は「日本版シリコンバレー」のような構想を見据えた取り組みでもあるんです。

Lステップをよりうまく使えるようになるだけじゃなく、ここで学んだ人が独立しても戦えるようなスキルを学べる場づくりを目指しておて。

実際、このコミュニティがきっかけで人脈がつながってビジネスが生まれた事例も多いんですよ。
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

単なる「マーケティングツールの教室」じゃなくて、生徒間での「新しいビジネスの創成」にもつながっていると。
田窪さん

田窪さん

無料でたくさんの方に受講いただいて、5年後、10年後にこのコミュニティのなかで新しいビジネスをご一緒できる方がたくさん出てくるような未来を描いたら…

断然そちらのほうが利益が大きいしワクワクするなと思ったので、無料に切り替えました。
田窪さん

田窪さん

ちなみにオープンイノベーション大学ではいろんなゲスト講師を呼んで講演をしていただいているのですが、ぜひジェイソンさんにも…
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

俺!!!???
リアル「Why!?」の顔がでました
厚切りジェイソンさん

厚切りジェイソンさん

まあでも、たしかにより多くの人に来てもらった方がLステップユーザーを増やすことにもつながるというのはあるかもしれませんね。

いや、面白いね。「LINE」という特性が中小企業の課題解決につながってることも、リカレント教育まで構想をつなげていることも面白いと思いましたよ。

ええやん!
じつは取材中あと3回くらいインコの話が出てたのは内緒…本日はありがとうございました!
「本当にほしい情報」の選別も、「ドンピシャなタイミングで送る」のも、設定さえすれば後は自動でやってくれるLステップ

「価格、人手、時間」不足のスパイラルに陥り、顧客のリピート施策になかなか手が回せずにいる…もしそんな悩みをお抱えの方は、ぜひ一度、月額2980円から導入できるLステップをチェックしてみてください!
〈取材・編集=サノモトキ(@mlby_sns)/文=ケイ・ライターズクラブ/撮影=岡田誠〉