最高視聴率33.2%のレジェンド・バラエティ

『めちゃイケ』終了へ!放送作家が語る「いま、“型”がないバラエティが苦しいワケ」

  • 芸能・エンタメ
  • 2017.11.11
  • by 新R25編集部

センセーショナルに報じられた、『めちゃ×2イケてるッ!』の放送終了。ボクらが子どものころには超人気番組だっただけに、時代の流れを感じさせるニュースだった。

最近の視聴率は軒並み10%以下に低迷していたよう。ネット上でも「つまらなくなった」「時代に合わなくなった」なんて声がよく見られるけど、いったい何がそんなにダメになったの?

視聴率20%超えは当たり前! 多くの人気タレントも輩出したレジェンド・バラエティ

「フジが絶好調だった90年代後半~2000年代にかけ、高視聴率を連発。『04年には33.2%というとんでもない数字を記録。それ以外にも20%超えは当たり前で、まさにフジの人気を体現する番組だった』(制作会社関係者)」(東スポWeb「フジ『めちゃイケ』来年3月打ち切り決定の舞台裏」より)

という記事もある通り、『めちゃイケ』は伝説的な高視聴率番組だった。

番組の内容は、ナインティナインをはじめとした人気芸人たちが、ロケやコントなどに体当たりで挑むというもの。「ヨモギダ少年愚連隊」「SMAP中居くんと日本一周 ○○の旅」「私立岡村女子高等学校。」「岡村オファーシリーズ」など、数々の番組内人気企画が生まれた。

いまでは超人気のオアシズ(光浦靖子&大久保佳代子)の2人が発掘されたのもこの番組。また、鈴木紗理奈、雛形あきこ、武田真治などお笑い芸人以外のタレントたちも出演し、その“バラエティの才能”を見出されたのだ。

出典

Keizo Mori/アフロ

いまではすっかり人気の大久保さんも、元は「OL」としてこの番組に登場

『ドキュメンタル』など過激なネット番組の登場で、“タレント頼り”のテレビバラエティは人気低下…

出演している芸人たちの人気はいまだ衰えていないハズ。では視聴率低迷の原因は…?

民放各局で活躍する放送作家のY氏は、「同時に放送終了が発表された『とんねるずのみなさんのおかげでした』もそうですが、いまは人気タレントをキャスティングしただけのいわゆる“タレント冠番組”が軒並み苦しくなっている」と話す。

なぜ“タレント冠”の番組は人気がなくなったんでしょう?

「ひとつは、ネット番組の台頭で、“タレント冠”でありながら、規制の少ない過激なバラエティが出てきてしまったから。Amazon Primeの『ドキュメンタル』なんかがそうです」

出典Youtube

『ドキュメンタル』は、松本人志プレゼンツの“密室笑わせ合いサバイバル”番組。10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う!

『みなさんのおかげでした』も90年代は“とんねるずがめちゃくちゃやる番組”ということでウケていたが、10月には28年ぶりに登場したかつての人気キャラクター・“保毛尾田保毛男”がセクシャル・マイノリティへの配慮が足りないと批判を集め、フジテレビが謝罪文を出すという一幕があった。

スマホを見ながらでも企画がわかる“型”のある番組が人気に。『めちゃイケ』は毎回内容が違った…

Y氏は、そんな“タレント冠”に頼れない時代のなかで人気を獲得している番組の共通点をこう語る。

「いまテレビで人気の番組、『アメトーーク!』『水曜日のダウンタウン』『有吉反省会』『家、ついて行ってイイですか?』『池の水ぜんぶ抜く大作戦』などは、すべてタレントのネームバリューではなく、明確なコンセプトや“型”ありきの番組なんです。例えば『アメトーーク!』は、タイトルこそ雨上がり決死隊の名前がついていますが、中身は毎回“芸人が自分の偏愛しているものを語る”という形式。『水曜日のダウンタウン』も、“◯◯説を検証”というお決まりの型がありますよね」

人気を持続させている『アメトーーク!』。昨年10月からは木曜&日曜の週2回放送となった。

たしかに、『アメトーーク!』も『水曜日のダウンタウン』も、MCが替わったとしても番組が成立しうるコンセプトの強さがある。そしてY氏いわく、こういった番組が支持される背景には、テレビの視聴態度の変化も関係しているようだ。

「最近はスマホを見ながらテレビを見る人が増えてきていて、バラエティ番組も『ながら視聴』の傾向が強まっています。そのなかでも、たとえば『○○芸人』などコンセプトがハッキリしている番組なら、途中から見ても大体内容が把握できる。『めちゃイケ』などは番組全体にそういったハッキリしたコンセプトがないので、ドッキリ、コント、ロケなど毎回内容が違って、途中から見るとついていくことが難しいんですよね」

『めちゃイケ』の後番組はどんなものになるか? ネット上でもさまざまな予想が出ているが、このあたりの話を考えると、タレントに依存しない「コンセプト型」の番組になるのだろうか。それとも従来のフジテレビ的な「タレント冠型」で再び挑戦か…。どちらになるのかにも注目したい!

〈取材・文=天野俊吉(新R25編集部)〉