2016年1月は皆あの話してましたよね

【調査】あれから早や2年…ベッキーのことをまだ嫌ってる人ってどれぐらいいるの?

芸能・エンタメ2018.01.02by 新R25編集部

2016年の正月早々、日本中に衝撃を与えたベッキーの“ゲス不倫”騒動。『週刊文春』を「センテンススプリング」、離婚を「卒業」と表現するなど、流出したLINEの内容を含め、大きな話題となった。

涙ながらに謝罪会見したベッキーに対し、世間はバッシングの嵐。「元気で明るいキャラだと思ってたのに」など、それまでの好感度の高さからか、怒りをあらわにする人も多かった。

早いものであれから2年…。いまだにベッキーに怒りを感じている人って、どれぐらいいるんだろう? R25世代にアンケート調査してみた(25~30歳男性223人に調査。協力=ファストアスク)。

ベッキーの不倫報道を受けて、好感度はどう変化した?

[画像]ベッキーの不倫報道を受けて、好感度はどう変化した?

「本質的には悪い人ではない」など“好感度回復”層が2割弱! だが半数以上の人は「他人事」

gettyimages

一時は高い好感度で“CM女王”と呼ばれたベッキー

一度は好感度が下がったが、今では好感を持っている」と答えた2割弱の人のコメントはかなり好意的。

「いろいろあったけど、本質的には悪い人ではないと思うから」(28歳)、「マスコミから叩かれまくっていて、さすがにかわいそうになった」(25歳)、「無理に好感度を上げようとしていなくて良いと思う」(28歳)、「綺麗でかわいい。頑張り屋さんだと思うし、自分自身のしっかりした考えを持っていると思う」(29歳)、などの声が寄せられた。

ほか、「スキャンダル前から好きでした。スキャンダル後も相変わらずかわいい笑顔を振りまいているから」(29歳)という声も。

また、「報道があったときも今も、好感度は普通」(36.7%)、「今では特に何も思っていない」(24.4%)という人からは、

一般人には関係ないから」(30歳)、「どちらが悪いとも言えないと感じるから」(30歳)、「最近テレビで見ることがなく忘れていた」(24歳)、「不倫は誰でもするから」(25歳)

といった意見が寄せられた。好意的というワケではないかもしれないが、半分以上の人は「もはや他人事」という感じのよう。

いまだネガティブにとらえている人も2割…「周りの擁護」「LINEの文面」などにイラッ

gettyimages

不倫相手・川谷絵音の“開き直りツイート”も火に油を注いだものの、最近ではすっかり“そういうキャラ”として定着してる?

ただし、「報道があって好感度が下がり、そのまま良くない印象を持っている」と答えた人も2割ほど存在。コメントを見てみると…。

「不倫をしたのに、今も芸能人でいる点。悪いことをしたら、仕事を辞めるのは当たり前」(25歳)ってキレすぎでしょ!

ほかにも「擁護している周りの反応が気持ち悪いせいで本人も嫌いになる」(30歳)、「開き直ってゲストに出て、はっちゃけている感じがうっとおしい」(27歳)という厳しい意見が。

SNSでのやり取りの内容が不快に感じたから。やり取りが流出していなければ不快までは行かなかった」(27歳)、「あのLINEの態度は反省しているように思えないし、また同じ過ちを犯しそう」(25歳)という声も。確かに、あのLINEの印象はなかなか拭えない!?

怖いのは、2018年の正月も、新たなスキャンダルが出るかもしれないという予感。“文春砲”は、第二のベッキーを生むのだろうか…!?

〈文=天野俊吉(新R25編集部)〉

    いいなと思ったらシェア!

20代ビジネスマンのバイブル

ライター・コラムニスト募集中!

商品や企業の魅力をPRしませんか?

App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう
新R25アプリも登場