「ポジティブな気持ちになれる、そんなお酒を目指したい」

キリンの総力戦で完成した上質系チューハイ。逆転の発想で誕生した「麒麟特製ストロング」の秘密とは?

PR

キリンビール株式会社

トレンド
最近、コンビニでもアルコール度数9%のストロングチューハイを目にすることが増えました。そんななか、キリンから4月7日、新たに発売されたのが「麒麟特製ストロング」。
“ストロング”と“上質”という、一見すると相反するようにも思える2つの特徴を両立させることで、ストロングチューハイとしては新しい、“上質なうまさのストロング”というポジションを狙った商品です。

今回は「麒麟特製ストロング」の開発担当者に、“上質なうまさのストロング”を実現できたヒミツを聞いてきました。

〈聞き手=宮内麻希(新R25編集部)〉
麒麟特製ストロング 中味開発担当の池田聡さんです。

“上質感”って具体的にどういうことなの…?

宮内

宮内

キリンは、「氷結」や「本搾り」など、すでにいろいろな缶チューハイを出されていますが、「麒麟特製ストロング」はどのようなコンセプトで開発されたのでしょう?
池田さん

池田さん

これまでの商品との大きな違いは、思想の出発点が“上質なストロングチューハイでお客様の幸せな時間に貢献したい”という点にあることです。
宮内

宮内

商品でよく“上質”って表現してるものを見ますけど、イマイチピンとこないんですよね…
池田さん

池田さん

たしかに、“上質”って、“この味”というものがあるわけではないんですよね。僕たちも、「“上質”ってどういう味なんだっけ?」というところから開発をスタートさせました。

その答えを求めてお客様にヒアリングしていくなかで、ストロングチューハイには、「我々にはまだ見えていない価値」があることに気がついたんです。
宮内

宮内

“見えていない価値”とは…?
池田さん

池田さん

チューハイを飲む価値が、“瞬間”だけでなく“時間”にもあるんじゃないかと。
…?
宮内

宮内

どういうことでしょう?
池田さん

池田さん

ストロングチューハイって、サッと飲むものというというイメージが強いと思うんです。

缶をプシュッと開けてゴクゴク…と。
宮内

宮内

たしかに。
池田さん

池田さん

でも実際にお客様の声を聞いてみてわかったのは、「家に帰って映画を見ながら、音楽を聴きながら飲む」というような、ゆっくりとした飲みかたをされている人も多いということ。

そこで、「一口ずつしっかりとしたうまさが感じられ、ゆっくりとお酒を楽しむ時間を、より豊かにするストロングチューハイ」こそ「麒麟特製ストロング」の目指す“上質”だと考えました。
池田さん

池田さん

なので、「麒麟特製ストロング」では、一口目の飲みごたえと飲みやすさがありながらも、余韻まで楽しめる味わいを追求したんです。

一般的なチューハイだと“スカッ”とした感覚がおいしさにつながりますが、「麒麟特製ストロング」は口の中にちょっとためても味わいや香りが残る、味感を出すことを大切にしています。

あらゆるお酒のつくりかたを参考にすることで、チューハイにも複層的な味わいを実現

宮内

宮内

ちょっと納得してきましたが…“味感”ってどうやって出すんですか?
池田さん

池田さん

アルコール度数が高いほど「アルコールの香り」が出てしまう。でも、9%を選ぶお客様からすると、「アルコール感がまったくない」ものも違うと思うんです。

このアルコールと味わいのバランスを追求するために、「麒麟特製ストロング」の味わいづくりはチューハイ以外のお酒の製法も参考にしています
池田さん

池田さん

アルコール度数9%以上でも、アルコールの嫌な味わいを感じず、しっかりおいしさを味わえるものって結構あるんですよ。

たとえば、日本酒は10%もあるのにまろやかで飲みやすいですよね。
宮内

宮内

たしかに…! アルコール度数は高いけど、みんなおいしく味わって飲みますね。
池田さん

池田さん

チューハイはすっきりした味わいが魅力である一方で、日本酒やビール、ワインのような醸造酒ならではの複雑な味わいや飲みごたえが少ないので、しっかり味わいを楽しみにくいんです。

だったら、チューハイにも醸造酒の製法を参考にすることで飲んだときの満足感を向上させられるんじゃないかと考えました。
宮内

宮内

なるほど。
池田さん

池田さん

そこから、日本酒、ビール、ワインのほか、ウイスキーやコーヒーのチームにも相談して中味開発を進めていきました。

キリンのやっている事業の幅広さと、それぞれのチームとのコミュニケーションをフル活用した、まさに「キリンの総力戦」でできた新しいチューハイだと思っています
宮内

宮内

ちなみに、採用されたのはどんな製法だったんですか?
池田さん

池田さん

どれも参考にはしているんですが、最終的には“料理”に近い考え方とお伝えするのがしっくりくるなと思っていて…
池田さん

池田さん

これまでのチューハイは、わかりやすくいうと果実をそのまま搾ってつくるイメージでした。

「麒麟特製ストロング」では熱を加える製法を取り入れたんです。具体的には、複数の果実を12時間煮詰めることでうまみを凝縮させた「うまみエキス」を全フレーバー共通のベースにしています
※イメージです
宮内

宮内

「うまみエキス」を加えると、味わいにはどんな変化があるんですか?
池田さん

池田さん

料理をイメージするとわかりやすいのですが、煮込むことで複雑な味わいが出てきます。これが、アルコール感を整え、飲みごたえがありながら調和のとれた味わいを生み出します。

たとえば、リンゴもアップルパイにするとより味わいが深くなりますよね。同じように、果実に熱を加えることでうまみが増すイメージですね。
宮内

宮内

聞いてるだけでおいしそうです…!

「麒麟特製ストロング」はこれまでのキリンの“チューハイ”づくりの考え方を変えることで生まれた

宮内

宮内

ちなみに、今回の製法はこれまでなぜ実現しなかったんでしょうか?
池田さん

池田さん

技術的に難しかったというよりも、従来のキリンのチューハイづくりにはこの製法を起用するという発想がなかったんですよ
池田さん

池田さん

先ほどお伝えした通り、従来のチューハイはできる限りみずみずしい果実感を追求してつくっています。

どちらかというと冷たくてスッキリしたイメージなので、熱を加えて果物を煮ようなんて思わないですよね(笑)
宮内

宮内

たしかに…

「麒麟特製ストロング」は、これまでのキリンのチューハイづくりと“真逆”ということなんですね。
池田さん

池田さん

はい。なので、開発する僕たち自身が、これまでの考えを変えることに一番苦戦しました。

これまでキリンで培ってきた「チューハイのつくりかた」を一度排して、「新しい価値観で中味をつくろう」とマインドセットする必要があったんです。
池田さん

池田さん

チーム全体でスタンスを改めたことによって、「煮詰める」という製法を思いつき、それにチャレンジしたところ「これはおいしいぞ」ということに気がつけました。

これまでの考え方にとらわれていたら「うまみエキス」は生まれていなかったと思っています。
宮内

宮内

最近、クラフトビールやクラフトジンのように味わいにこだわったお酒が人気ですよね。

お話を聞いて、「麒麟特製ストロング」もそんなイメージに近い気がしました。
池田さん

池田さん

そうですね。「うまみエキス」というベースに加えて、より複層的なうまみを実現するために、各フレーバーごとに“仕立て”を変えてお届けしています
左から、「ヨーグルトすっきり仕立て」、「キレの強炭酸仕立て」「追いレモン潤沢仕立て」「爽快な強炭酸仕立て」「まるごと果実感仕立て」です
池田さん

池田さん

この仕立ては、フレーバーごとに開発担当がついて最後の味を仕上げた、開発担当の腕の見せ所ともいえる部分。

ぜひ、フレーバーごとの個性ある味わいを感じながら飲んでいただけるとうれしいです。

飲んでいて“ポジティブな気持ちになれる”ストロングチューハイを目指す

池田さん

池田さん

これは、開発当初から思っていることなんですが、「麒麟特製ストロング」を飲めばポジティブな気持ちになれる、そんなお酒になりたいと思っているんです。
宮内

宮内

ポジティブな気持ちになれるお酒、ですか?
池田さん

池田さん

自分の時間のお供に飲んでもらって「明日もがんばろう」という前向きな気持ちに寄り添えるブランドでありたい。

さらに、「麒麟特製ストロング」を飲むことで自分だけの時間を意識して大切にできるようになってほしいと思っています。
宮内

宮内

「麒麟特製ストロング」でプラスαの上質な時間を過ごしてほしいということですね。
池田さん

池田さん

そうですね。これまでのチューハイとは異なる味わいを目指したので、ゆっくり飲んでいただくことで、ぜひその違いをお客さまに見つけていただきたいです

うまみエキスや仕立てのこだわりなど、味覚や情緒も含めて「麒麟特製ストロング」を飲む時間を楽しんでください。
筆者はいいことがなかった1日の終わり、なにもする気が起きなくなってしまうことがあります。

でも、「明日も頑張ろう」と前を向くために、1日の終わりに「麒麟特製ストロング」をお供に自分をゆっくり振り返ってみるのもいいかもと思えました。

池田さんの「ポジティブな気持ちになれるお酒にしたい」という発言に、「麒麟特製ストロング」が目指す上質なうまさとは、単純な味わいだけでなく「自分と向き合う時間を過ごすこと」そのものにあるのだと感じました。
〈取材・文=宮内麻希(@haribo1126)/撮影=長谷英史(@hasehidephoto)〉