“日常”と“妄想”を行き来せよ

「実はYouTubeやりたくなかった」伊沢拓司が痛感した、チャンスをつかむ“9:1の法則”

PR

株式会社メルペイ

キャリア
誰の人生にも訪れる「チャンス」。

これをつかめるか否かで、その後の人生が大きく変わるものの…「巡ってきたチャンスをすべてモノにしてきた」と自信を持って言える方は、ごくわずかではないでしょうか。

今回は、“クイズ”という軸でチャンスをつかみまくっている男・クイズプレーヤーの伊沢拓司さんをお招き。

2016年にWebメディア『QuizKnock』を立ち上げて以来、YouTubeでのファン増加、テレビのレギュラー出演、書籍出版など、活躍の場を広げている伊沢さんが語る、「チャンスをつかむ極意」とは?

〈聞き手=石川みく(新R25編集部)〉
【伊沢拓司(いざわ・たくし)】クイズプレーヤー、株式会社 QuizKnock CEO。東大卒知識モンスターとしてTV等に多数出演。「楽しいから始まる学び」をコンセプトに立ち上げたWebメディア『QuizKnock』で編集長を務め、登録者数160万人を超える同YouTubeチャンネルの企画などを行う。2019年には株式会社QuizKnock設立と同時にCEOに就任

伊沢さん、あわやチャンスを逃しかける。「YouTuberなんて…と思ってました」

石川

石川

今日は伊沢さんに、「チャンスを逃さない生き方」の極意をお聞きしたくて。
伊沢さん

伊沢さん

ありがとうございます!

ただ僕…人生最大のチャンスを逃しかけたことがあるんですよ。
石川

石川

…?
伊沢さん

伊沢さん

実はQuizKnockがYouTubeをはじめるとき、僕だけ反対してたんです。
今やYouTuberとしてのイメージが強いQuizKnock。伊沢さんが参入に消極的だったとは…
伊沢さん

伊沢さん

YouTubeをはじめた2017年は、ちょうどWebメディアが伸び悩んでた時期で。

そんなとき、メンバーのふくらPが「YouTubeやってみない?」って言い出して、みんなも「いいじゃん!」って雰囲気になったんですけど…僕は完全に反対で。
石川

石川

どうして反対を…?
伊沢さん

伊沢さん

「Webメディアだけでもうまくいってないのに、新しいことまで始めたらどっちつかずになるじゃん!」って。
石川

石川

あ~、その気持ちもすごくわかります…
伊沢さん

伊沢さん

でも結局、僕が押し切られる形でYouTubeをはじめました。

そしたら…意外とよかったんですよねぇ。
おや? 手のひらがクルッと…
伊沢さん

伊沢さん

動画でしかできない表現の幅も広がったし、YouTubeをきっかけにWebメディアを知ってくれた方も増えて。

「いや~YouTuberなんて(笑)」と内心思ってたことを恥じましたね。

チャンスは「チャンスです!」って顔をしてやってくるものではないって痛感しましたよ。当時は気付けなかったですから。
石川

石川

そうですよね。私が同じ状況にいたとしても、とっさに「やってみよう」と決断できるか自信がありません…

何か大きな転換点があったときに、「これはチャンスだ!」とスピーディーに判断する方法ってあるんですかね?
伊沢さん

伊沢さん

ひとつ言えるのは「凡事徹底」。つまり、日常を着実にこなすことです

当たり前のようですけど、偶然巡ってくるチャンスを前に、僕たちができるのはこれしかないんですよね。
伊沢さん

伊沢さん

日常に徹底的に向き合ってはじめて、そこにある「課題」を適切に把握できます。

その「課題」を解決してくれる何かが、その人にとっての「チャンス」になると思うんです。
石川

石川

なるほど…課題が見つからないと、チャンスにも気づけないと。
伊沢さん

伊沢さん

はい。結局のところ、自分は現状うまくいっていないということに焦って、視野が狭まっていたんですよね。YouTubeという迂回ルートを見つけられていなかった

普段からYouTubeを見ていたふくらさんの「日常」があったからこそ救われましたね。
伊沢さん

伊沢さん

テレビのお仕事も同じで。

QuizKnockの視聴者層を“頭のいい中高生”から“お茶の間”まで広げたいって課題感があったから、雑学で無人島を脱出するみたいなムチャな企画でも、オファーが来たときは「もしかして絶好のチャンスじゃない?」と思えた。

日常のなかから貪欲に課題を探しつづけることで、チャンスを見極める力も養われていくんじゃないでしょうか。

9割の「日常」と1割の「妄想」が、チャンスを引き寄せる

伊沢さん

伊沢さん

ただ、100%凡事徹底だと、チャンスをつかむには不十分だと思ってます。

9割は凡事徹底で、残り1割は別のことに頭を使うといいんじゃないかな
石川

石川

別のこと…?
伊沢さん

伊沢さん

妄想」です。
伊沢さん

伊沢さん

「こんなことやってみたいな~」とか、「将来こんなふうになれたらいいな~」とか。

地に足がついてなくてもいいから、自由な妄想を書き溜めておく。そうすると、妄想が羅針盤になってくれるんですよ
石川

石川

羅針盤、ですか?
伊沢さん

伊沢さん

日常を積み重ねてくだけだと、進むべき方向がわかんなくなるじゃないですか。

妄想を広げておけば、「なんとなくあのへんに着きたいな」ってイメージできるので。
石川

石川

そういうことか! 方向は妄想で決めて、距離は日常で稼いでいくんですね。
伊沢さん

伊沢さん

そうです!

しかも、急なタイミングでチャンスが巡ってきたとしても、モノにできる可能性が上がるんですよ。
伊沢さん

伊沢さん

たとえば僕の場合、ずっと自分のラジオ番組を持ちたいって思ってて。

ラジオのツテもないし、本当に出られる保証なんてなかったけど、「もしラジオに出たらアレを話して…」って妄想だけはずっとしてたんです。

そしたら昨年末、ついに冠ラジオのお話をいただけたんですよ!
石川

石川

妄想が現実に…!
伊沢さん

伊沢さん

でも、来たときに「どうしようどうしよう」とはならなかった。

話したいことも、かけたい曲も、すでにストックがあったので準備でテンパりませんでした。あてどない準備としての妄想が役に立ちましたね。
伊沢さん

伊沢さん

つまり大事なのは「9割の凡事徹底と、1割の妄想」。このバランスです。

「日常」と「妄想」を9:1で行き来していれば、不意なチャンスにもスピーディーに対応できるようになる…と思いたいですね。

そのためにまずは、目の前のことに真摯に取り組むことしかない。チャンスはいつも、日常の一歩先に潜んでいますから

「スピーディーな決断」に一役買う、メルペイの新機能に注目

石川

石川

今回タイアップしているメルペイにちなんでお聞きしたいんですが、「買い物」に関しても“チャンスなタイミング”ってありそうですよね。
伊沢さん

伊沢さん

そうですね~。僕は物欲が強いので、「うわこれ欲しい!」と思ったらなんとしてでも手に入れたくなっちゃう。
石川

石川

メルペイの「バーチャルカード」は、決済までのムダを省き、スピーディーな買い物をできる新サービスなんです。
伊沢さん

伊沢さん

僕、メルカリは使ってますよ! 好きなアーティストがPVで着てる服とか、学生時代必死に探して買ったことあります。

ただ、メルペイは使ったことがなくて…
石川

石川

「メルペイ」はメルカリと連動したスマホ決済サービスで、メルカリのアプリがあればすぐ使えます。

タッチ決済のiDと連携しているので、これまでもたくさんのリアル店舗で使えたんですが…

この「バーチャルカード」が出たことで、ついにフリマアプリのメルカリ以外のネットショップでもメルペイが使えるようになったんです。
石川

石川

クレジットカードは審査も大変だし、発行まで時間がかかりますよね。

でもこれなら、審査や“物理”カードの発行は不要。メルカリのアプリさえあれば、即時発行できます。もちろん年会費・入会費は無料。

「欲しい!」と思ったときにすぐ発行できるので、もしクレジットカードがなくても、欲しいものが見つかったときにすぐ発行・決済できます
石川

石川

もともとメルカリを使っている方なら個人情報や口座登録が済んでいるので、案内に従ってボタンをタップするだけで発行が完了します
伊沢さん

伊沢さん

へぇ! シンプルでいいですね。

物理的なカードって意外と面倒なんですよ…。更新のときに受け取り忘れたこともあるし、なくしたこともあるし。
意外とおっちょこちょいな一面も
伊沢さん

伊沢さん

僕は学生時代が長かったので、大学院生のころとかはクレジットカードの審査が通らなくて大変だったんですよ。

だから審査なしで発行できるのは魅力的ですが…与信や限度額はどうなってるんですか
石川

石川

メルペイにはもともと「メルペイスマート払い」という支払い機能がありまして。

事前にチャージしなくても使ったぶんだけあとから支払えるという機能で、バーチャルカードもこの「メルペイスマート払い」と紐づいているんですよ
※メルペイスマート払いについてはこちら
石川

石川

メルペイスマート払いの限度額は、メルカリ・メルペイの利用状況や購買履歴をもとに、その人が現実的に支払えると判断された範囲で決まります
伊沢さん

伊沢さん

なるほど! すでに購買データを持ってるメルカリにしかできないことですね。

サービスを多角展開してると、こういうところでアドバンテージが出てくるのか…
「うまいことやるなぁ…(小声)」
石川

石川

ちなみに使えるお店は、Mastercard®オンライン加盟店ならどこでもOK。万が一のことがあっても、アプリ内ですぐに利用停止できるので安心です。
伊沢さん

伊沢さん

外に買い物に行きづらくなった今の時勢にも合ってますし、すぐに発行して気軽に使えますし。

すごく日常にフィットしたサービスですよね
石川

石川

今ならバーチャルカードをはじめて使う方限定で、バーチャルカードでの決済金額の20%がポイント還元されるキャンペーンも実施中。(上限P1,000 )

発行も簡単なうえにおトクなので、使ってみて損はないと思いますよ!
伊沢さん

伊沢さん

…そうやって最後にチャンスを転がしてくるわけですね

ここまでお話しした以上、逃すわけにはいかないので(笑)。僕もメルカリのアプリをチェックしてみます。
クイズでチャンスをつかんだ男・伊沢さんの結論は想像以上にシンプル。

「9割の凡事徹底」と「1割の妄想」が、いつか巡ってくるチャンスを手に入れる助けになってくれることでしょう。

まだ見ぬチャンスにあふれた「日常」を、バーチャルカードですこし豊かに彩ってみませんか
〈取材・文=石川みく(@newfang298)/編集=天野俊吉(@amanop)/撮影=中澤真央(@_maonakazawa_)〉