「19歳でマネージャーを雇いました」

19歳のころから規格外。本田圭佑が実践していた一流になるための“お金の使い方”

PR

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.

仕事
「もっとキャリアアップしたいのに停滞感がある」「一歩上のステージにいきたいけれど、どうすればいいのかわからない」

そんな“モヤモヤ”を抱える人たちに向けて、自分の夢や目標に向かって進むビジネスパーソンをサポートするアメリカン・エキスプレスと新R25のコラボでお送りする新企画「マイステージの高め方」。

本企画では、さまざまな分野の第一線で活躍する方々が「挑戦のステージを上げられた理由」を探っていきます。
第1回に登場いただくのは、本田圭佑さん。

サッカー選手としてだけでなく、カンボジア代表監督や投資家、会社経営からサッカークラブの立ち上げまで、まさにマイステージを高め続けている現役プレイヤーでもあります。

そんな本田さんにぴったりのテーマだと思っていたのですが…取材開始早々、企画を覆されかねない(?)本質的な発言が飛び出しました。
【本田圭佑(ほんだ・けいすけ)】1986年生まれ。プロサッカー選手としてリトアニア・Aリーガ・スードゥヴァ所属。元日本代表。サッカー指導者、サッカークラブ経営者、実業家としても活躍。カンボジア代表のGM・監督を務めるなど、ジャンルを超えて様々なチャレンジを行っている
〈聞き手=宮内麻希(新R25編集部)〉

「マイステージを高めること“自体”に意味はないですよ」

宮内

宮内

今日は本田さんに「マイステージの高め方」というテーマでお話をお伺いしたいです。
「マイステージ…ねぇ…」
本田さん

本田さん

そもそも、ステージを高めること自体に意味はないですよ。

大事なのは「ステージを上げて自分はどうしたいか?」じゃないですか
宮内

宮内

はい…(テーマが崩れた)
本田さん

本田さん

僕の場合は、2010年のW杯南アフリカ大会で2ゴールを決めてから、明らかにまわりから評価されるようになりましたし、自分のステージが上がったと感じました。

でもそれは、一瞬の結果をまわりに評価してもらっただけのことですよね。
本田さん

本田さん

僕の目標は「日本代表としてW杯で優勝する」なので、その評価はあくまで通過点でしかない。

夢や叶えたい目標に到達するために“ステージを上げる必要がある”だけなんです。

そして、ステージを上げる方法を答えるとするなら、“地道な努力を続けられるかどうか”でしかないんですよね。
宮内

宮内

ただ、“地道な努力”が実る人とそうでない人がいますよね。
本田さん

本田さん

それは、目標に向かって正しく努力できてるかどうかの違いだと思います
本田さん

本田さん

「頑張ってるのになかなか結果が出ない」とネガティブに考えてしまう人がいますが、その原因は“自分が向かう方向を理解できてない”ことですよね。

どんなゴールに向かってるのかわからないまま全力で走り続けるなんて、どれだけストイックなランナーでも無理ですよ。
宮内

宮内

でも、そんな明確な目標を持てる人なんて、実際にはあまりいないんじゃないでしょうか…
本田さん

本田さん

みんな、完璧主義すぎるんやと思います。

僕はいつも「ビッグマウス」なんて言われますけど、振り返ると自分の発言してきたことの1〜2割しか達成できてないですから。
未達なのにこんなかっこいい人いる…?
本田さん

本田さん

目標をうまく立てられないのは、「一度決めたことを絶対に叶えないといけない」と思い込んでいるからです。

僕だって、「W杯優勝」という目標を選手としては叶えられなくなってしまった。でも、指導者としてなら実現できるかもしれないですし、それでも難しくなったら、迷わず下方修正すると思います。

目標は何度だって変えていい。大事なのは、自分が設定した目標を常に意識しつづけることだと思いますね
とても贅沢な1on1を受けている気持ちになってきました

若手こそ、成功する“前”にお金を使うべき理由

宮内

宮内

でも正直…本田さんのように目標を強烈に意識しつづけられる人ばかりではないと思ってしまうんです。
本田さん

本田さん

それなら、形から入ってしまうのもありですよね。

たとえば僕の場合、18歳でプロサッカー選手になって、1年目は寮に住まないといけなくて。

2年目から寮を出て一人暮らしをはじめることになったんですが、僕はまずマネージャーを雇ったんです。
普通、まず家具や家電を買いません?
本田さん

本田さん

マネージャーに料理や運転をしてもらって、19歳の僕はグラウンドでサッカー練習してたんですよ。

もちろん、お金の余裕は全然なかったんですけど。
宮内

宮内

ちなみにプロサッカー選手って、みなさん若い頃からそんな感じなんですか?
本田さん

本田さん

いや、今の僕と同い年のJリーグの選手でもマネージャーは雇わないんじゃないですかね。

なんなら、イニエスタもやってない気がします(笑)。
本田さん

本田さん

でもそれが、僕の思い描くスター像でありサッカー選手の成功像だったので、まずは形だけでも実践してみたんです。

19歳の時から室内でも天気が悪くてもサングラスはしてましたし、両手に時計をつけてました
宮内

宮内

19歳からそのスタイルだったんですか。
本田さん

本田さん

2つ目の時計を買った時に、1つ目がお蔵入りしてしまうのがもったいなかったからという理由ですけどね(笑)。
「身体のバランスを保つため」「日本時間と海外時間で時差を両方確認するため」というウワサについては「各所で聞かれすぎてそれっぽいウソをついてしまった」とのこと
本田さん

本田さん

でもね、形から入るといつか中身も追いつけるんですよ。

「成功してからお金を使え」と言う人もいますが、僕は逆で、自分のなりたい像に近づくための消費はすべて投資だと考えてるんです。
本田さん

本田さん

だから何を買うか悩んだときは、それが自分の目標にどんなプラスの影響を与えるかを逆算してみるといいですよ。

たとえば、最新の高価なパソコンがほしいけど、少し無理をしないと買えないとする。

でもそのパソコンによって仕事の効率が上がったら、社内で出世して、給料も上がって、自分の目標に近づけるかもしれない。
宮内

宮内

たしかに。それならむしろ早く買った方が…
本田さん

本田さん

そうなんです。ここまで見えたらその消費は投資になるので、今すぐにでも買うべきですよね。

一流に触れること=自分の中にエネルギーを蓄えることでもある

本田さん

本田さん

もう1つ、自分のレベルを上げるために、どんな人でもすぐにできることがあるんですよ。
宮内

宮内

なんですか?
本田さん

本田さん

一流のモノ、コト、サービスや人に触れることです
本田さん

本田さん

たとえば、一流のレストランやホテルには一流の人たちが泊まっていますし、当然それをもてなす一流のシェフやホテルマンがいますよね。

その環境に身を置いて、自分の目や耳で一流の空気を感じることが、自分のレベルを上げるのに一番大事だと思うんです。

だけど、多くの人がそれに気づいてない。これってすごくもったいないんですよ。
本田さん

本田さん

僕が代表を務めるNowDoというオンラインスクール事業でも、受講してくれた子供たちにいつも「自分にエネルギーをくれる人と付き合った方がいいよ」と言ってるんです。

エネルギーをくれる究極形が“一流の人”なんですよ。
成長するために最もコスパのいい方法が、一流に触れることなんじゃないですかね。

無料と思われているものにお金を払うこと自体がチャンスになる!?

宮内

宮内

“一流に触れることの価値”をお話いただきましたが、「アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード」には、国内の一流ホテルやレストランをお得に利用できる特典があるんです。
ゴールド・ダイニングby招待日和
国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料に

ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン 」 ※継続特典
ゴールド・カード会員向け旅行予約サイト「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上を予約すると1万5000円オフに
本田さん

本田さん

いいですね。
宮内

宮内

ちなみに、会員限定の専用旅行サイトから航空券の予約から宿泊、渡航先のレンタカー手配などもスムーズに行うことができます。
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
航空券のご予約や、ご宿泊、渡航先のレンタカーなど、オンラインでいつでも気軽に旅の予約や手配が可能に
本田さん

本田さん

これ活用してる人、みたことありますよ。

これは仕事だから言うとかではなく、「困ったことがあったらアメックスのカードがいつも解決してくれる」みたいなとこありません?(笑)
宮内

宮内

ただ、若い世代の間では「クレジットカードは無料」という感覚が一般的で…

あえてお金を払ってカードを作る方があまり多くないみたいなんです。
本田さん

本田さん

そもそも、「無料の方がいい」とされる社会の流れが問題だと思います

僕たちはサービスを利用する上で、有料/無料である理由をもっと考えるべきですよね。
宮内

宮内

どういうことですか?
本田さん

本田さん

高級車や一流ホテルの人気がいつまでも絶えないのは、変わらない“ブランド”があるからで。

その“ブランド”こそが、“お金を払った人しか得られない体験”、つまり自分にとって価値の高い経験になるんです。
本田さん

本田さん

「ブランドはいらないから少しでも安い方がいい」という選択をする若い方が多いなら、逆にチャンスになりますよね。

みんなと同じ選択を繰り返していたら、いつまでたっても勝てないので
宮内

宮内

なるほど…。本田さんに言われると、説得力が違います。
本田さん

本田さん

挑戦しつづけて、成果を出しつづけるにはほかの人とは違う道を選ばないといけない。

だから、アメックスのようなカードも自分に価値をもたらすかを見極めた上で選択することが、なりたい像に近づく手段の1つになるんじゃないですかね。
大人になっていろいろな経験を積むうちに、“自分の限界を知る瞬間を味わったことがある人も多いはず。

いつしか自分の夢を持たなくなって、誰かに言われた目標を追うだけになっていく……。だけどそもそも、誰よりも自分が情熱を持てるゴールでなければ、到達できるわけがないですよね。

あなたは本当に、今の目標に情熱を注げていますか?

私はもう一度子供に戻ったつもりで、自分のありたい姿を考えてみることからはじめてみようと思います。

2021年11月4日(木)お申し込み分までの新規限定特典!

「アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード」では新規ご入会特典として、ご入会後3ヶ月間、ポイントが100円=10ポイント*合計50,000ポイント獲得可能になります。
*メンバーシップ・リワード®のポイントが、100円=通常1ポイント+ボーナス9ポイントとなります。
※本特典で獲得可能なボーナスポイントの上限は45,000ポイントです。
ぜひこの機会をきっかけに、あなたも特別なカードで自分のなりたい像に近づいてみてはいかがでしょう?
〈取材・文=宮内麻希(@haribo1126)/編集=石川みく(@newfang298