日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

一体なんなのだ。様子がヘンで、モテる!?

2008.06.27 FRI

モテリーマン

もちろん、己の仕事はちゃんとクリアしたうえだから。そして、彼がのんびりすることで、リラクゼーションな風が吹くわけだから――。
モテリーマンがずっと外を眺めていても、誰も文句は言わないのである。だがそれにしても、何が面白くてそこにいるのか。
「UFOでも見える?」。ベタなギャグ混じりの問いかけに答えることもなく、黙ってたたずんでいる。しばらくしてあわてて、振り返る。まるでいま初めて名を呼ばれたかのように。
お茶を飲むのも自由だけれど、両手で湯呑みを持ったまま、宙を見つめ続けているのは妙だ。もはや冷めきっている。「コーヒーでもいれる?」。21世紀のオフィスにおける、最上級サービスのひとつである。しかしこれにも答えない。挙げ句の果てには、手にした雑誌はさかさまになっている始末。
一体彼は何をしているのか。「ぼんやり」→「声をかける」→「ノーレス」→「心配」→「モテ」というルーティーンが成立するからいいものの。彼は一体何をしているのか。

※フリーマガジンR25 197号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 外を眺めて反応せず

    先週から延々と外を眺め続けるモテリーマンに、さすがにOLちゃんも驚き、声をかける。まったく反応がない。心配になる…
  • 硬直したお茶の時間

    しっかりと湯呑みを両手で持ち慎重に口元に運んでは、すするはずが、止まる。そのまま何を見るでなく宙に目をやる。なぜだ…彼の「何を考えているのかわからなさ」に、OLちゃんは翻弄されるのだ
  • 美しい雑誌はさかさま

    ゆっくりゆっくりと雑誌のページを繰る。美しい動植物のグラフ誌だが、さかさまだ。尋常ではない。とても気になる…
一体なんなのだ。様子がヘンで、モテる!?

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト