不思議ビジネス案内所

第6回 別れの前に『離婚カウンセラー』 後編

2010.01.15 FRI

不思議ビジネス案内所


男性側は、妻から突然離婚を切り出されてビックリ。女性側は、夫と離婚したい意思はあるけど現実があまり見えていない…というケースが多いそう。一度頭を冷やすためにも、離婚カウンセラーは有効かもしれません イラスト/さじろう

年末は大忙し!? “離婚カウンセラー”のお仕事



前回に引き続き、ワタクシばーぶちゃん1号が“離婚カウンセラー”というお仕事に急接近! 離婚カウンセラーの木下ゆかさんに、実際のお仕事の現場について聞きました。

そもそも木下さんは、どうして離婚カウンセラーになろうと思ったんですか?

「私も離婚経験者。そのときの経験や知識を生かせる仕事があると知り、興味を持ちました。相談者として離婚カウンセラーを利用して、興味を持つ人もいるみたいですよ。相談時間は調節できるので、比較的時間が自由になる点も子持ちの私には魅力的。でも、夜中に重い電話相談を受けたりすると、感情移入してなかなか切り替えが難しいことも…。単純に稼ごうという気持ちだけでは続けられないと思います」

内容が内容だけあって、気分が沈んでしまいそうです…。ちなみに電話ということは、お仕事は主に自宅?

「メールや電話での相談は主に自宅で行いますが、携帯があるので外出先でも可能です。隣県までなら、対面での相談にも応じますよ。私のように事務所を持たない離婚カウンセラーは、喫茶店などで相談を受けます」 私たちライターと同じで、事務所も必要ないんですね! ところで、気になる収入の方はいかほど?

「相談件数によって収入にも波がありますが、年収は同世代の総合職のOLさん程度(?)でしょうか。今のところ、この仕事一本で生活しています。個々の相談については、メールなら1往復980円。電話は30分3000円で、対面なら90分1万円 。料金設定は個々のカウンセラーの自由なので、これより高い人もいれば、安い人もいます。不思議なことに、夏の間は相談件数が少なく、11月から年末にかけては忙しいんですよ。年内にいろいろ清算したい、という気持ちが働くのかもしれませんね(苦笑)」

離婚カウンセラーにもハイシーズンがあったとは! ズバリ、離婚カウンセラーの需要は今後増えていくと思いますか?

「ここ数年、離婚件数自体は増えていませんが、昨今の婚活ブームが落ち着いたころ、夫婦の問題が増え、需要も増えてくるのではないかと思っています。資格を持って働く離婚カウンセラーは、全国で150人程度。男性の相談者が多いので、男性の気持ちに寄り添える離婚カウンセラーは今後も求められるでしょうね」

木下さんによると、男の離婚カウンセラーは比較的少ないそう。ということは、R25世代の男子にも穴場的な成功のチャンスがあるかも? 未知の可能性を感じた“離婚カウンセラー”レポートでありました! 誰もが知っている職業だけで、この世の中は回っているわけじゃない。
そこには思いもよらない存在の職業、仕事を頑張っている人がいる。他所の仕事をのぞいてみれば、自分の仕事にヤル気が出る、かも!?

不思議ビジネス案内所の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト