日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

謎のマークが妄想を呼び、男に影を与える。カレンダーでモテる

2010.04.08 THU

モテリーマン

モテリーマンのデスクには、壁掛け用の大きなカレンダーがある。ついついOLちゃんも見る。“きょう何曜日だっけ”…せいぜいそんな気分。深い理由はない。だが、見た瞬間、脳内にほのかな“?”が発生する。
わけのわからないマークがいっぱいついているのだ。いや、なかにはわかるのもある。たとえばハートマークは、おそらく女子がらみの案件だろう。だがその翌日のドクロマーク…ヤングふうにいうとスカルモチーフはいったい何なんだ!? “死”がらみの案件? “恨み”がらみの案件? はたまた、星マークのついた日に向けて、毎日を×で消していってるのはなぜだ。きっとすごく大事な日なのだ。
もちろん単にプレゼン当日というだけかもしれない。それでいいのだ。やっているのはスケジュールを暗号化して発表しているだけのこと。妄想力の発達したOLちゃんなら、そこからすごいストーリーを組み立ててくれるはずだ。そしてごく普通の男に何かを見いだす。“あの人には死のにおいがする”とか何とか。

※フリーマガジンR25 177号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • ハートはわかる。でもドクロは!?

    「デートでしょ。あ、合コンかな。何もう、よく見るとハートばっかりじゃん。しょうがないな。でもちゃんと仕事もしようね…って、エーッ! ドクロは何!? 何関係の予定!?」。単にお墓参りとかだ
  • いったい何の“当日”なの!?

    「スゴイ勢いでカレンダーにグリグリ印しちゃって。バッテンつけて急にストレッチ始めたりして。で、その星マークは? いったい何を企んでるの! この人…コワイ」。プレゼン当日
  • よ、42年後の5月って…

    「“THE DAY”とかって、そんな先に何があるっていうの? 予言? 恐怖の大王パート2?」。お父さんの生誕100年記念祭予定日だ
謎のマークが妄想を呼び、男に影を与える。カレンダーでモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト