思わず欲しくなる!

ケータイへの着信をもっともスマートに確認する方法

2010.04.21 WED


本体ケースは金属製でベルトはゴム製。サイズの調節はベルトをカットすることで行う。当然、Bluetooth搭載の携帯電話にのみ対応だが、国内のほとんどの携帯電話のほか、iPhoneで動作確認済みとのこと。番号表示機能がなく、振動とLEDの光で着信を知らせる液晶なしモデルもある
たいていの連絡はメールで済んでしまう今日この頃、わざわざ電話を掛けてくるのは大事な用件が多い。なのにケータイをカバンに入れっぱなしにしていて、着信に気がつかなかった。そんな経験、誰しも1度や2度はあるはず。

かく言う筆者は、ケータイは常にマナーモードにして上着のポケットに入れっぱなし。着信にあとから気がついて、あわてて折り返すなんてことがよくある。

おのずから、着信を見逃さないために、頻繁にケータイを取り出して確認することになる。でも、それってスマートじゃないし、打ち合わせや会議中には難しい。

それでも、できるだけ着信を逃したくない、という人は「Bluetoothブレスレット」を試してみるといいかもしれない。その名の通りBluetoothを使ってワイヤレスで携帯電話と接続して、着信があると振動に加えて液晶画面に電話番号を表示してくれるというもの。

外見はシンプルな腕時計に見えるので、仕事中に着用していてもさほど違和感はない。だから、会議中などに着信があったとき、番号を見て重要な相手だったら抜け出してすぐに応対する、なんて使い方ができる。

もう一つの便利な機能が置き忘れ防止アラーム。携帯電話とブレスレットが10m以上離れると、振動して知らせてくれるというもの。これでうっかり置き忘れるなんてことも防げるはず。

これだけ万全に備えれば、緊急の電話を取り損ねることはなくなるはず。ただし、携帯電話のBluetooth機能を使用すると消費電力が増えるので、いざというときのバッテリー切れにはご用心あれ。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト