日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

紙くず廃棄はスマートに美しく。ナイッシューでモテる

2010.04.28 WED

モテリーマン

モテリーマンの手から離れた紙くずは美しい放物線を描いてゴミ箱に吸い込まれる。
オフィスで放たれるシュートの多くはゴミ箱に蹴られる。外すのが普通だから、OLちゃんもがっかりはしない。「ハイハイ」である。
そこに、モテリーマンのナイッシュー! まぐれでなくいつも。自分のデスクからだけでなく隣の島(=3ポイントエリア)からも。
種を明かせば、練習しただけなのだ。デスクと隣の島という2カ所のシュートポイントからゴミ箱までの位置関係をあらかじめ計測。それを自室にそっくり再現し、この2カ所からは完璧に決める練習をするのだ。逆に言うと、そこ以外からのシュートには、まったく自信がないのだ。それは秘密だけれど。
完全無欠のシューターであるモテリーマンは、時間短縮の天才と目される。何しろゴミ箱に行く必要がないのだから。だがそのイメージもいずれ捨て去ってゆく。シュートから引退する日が来るのだ。究極のスキルアップ&エコ!そもそもゴミを出さないの術、だ。

※フリーマガジンR25 181号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • いつでも完璧なナイッシュー!

    自分のデスクからも隣の島からのスリーポイントシュートも難なく。オフィスに激震が走る。「ゴミ・シュートって外すものじゃないんだ!」。OLちゃんという名のマネージャーたちはシューターにメロメロ化することだろう
  • 大人の紙くず廃棄はあくまで雅やかに

    そう、お座敷遊びの定番・投扇興を引用。扇をひらりと投げて的に当て、それらの重なり具合などを源氏物語や百人一首に見立てて点数を争う。大人の紙くず廃棄はこれ! シュレッダーを目指して、少し離れた位置からひらひらり。OLちゃんという名の舞妓はんは、若旦那にメロメロどすえ
紙くず廃棄はスマートに美しく。ナイッシューでモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト