日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

魅惑のデスクトップ第1弾一見行動予定、その実…。小さな幟でモテる

2010.05.20 THU

モテリーマン

オフィスにはそろそろさわやかな春風が吹き始める。そしてモテリーマンのデスクでは小さな幟がはためいている。最初の一文は比喩だが、ふたつめはそうではない。車のディーラーやパチンコ店の軒先にあるアレのミニミニ版が、本当に立てられているのだ。
書かれているのは大したことではない。たとえば「絶賛ランチ中!!」「大好評! 営業活動展開中」「本日直行」…順に「昼食に出ています」「営業に行っています」「直行です」を意味する。要はホワイトボード代わりだ。
彼の予定を知るには、幟の文字を読まねばならない。つまり、外出中、彼のデスクはミクロの視点で見られることになるのだ。
今読んでいる本や好きなボールペンの銘柄、卓上を飾るマスコットなど、モテリーマンの嗜好は知らず知らずのうちに見る者に伝わる。パーソナルな情報をほんの少し知るだけでも、対象への親しみはグッと深まるのである。
そうそう一番最初の春風の比喩。言わずもがなかもしれないが、新人OLちゃんである。

※フリーマガジンR25 184号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 単なる“予定幟”のはずが…

    実は、OLちゃんたちにデスクを凝視させるためのシステム。認知されるまでは、根気強く続けていかねばならない。そして、見られることを前提にデスク上をスタイリングせねばならない。が、うそはいけない。“かくありたいオレ”をテーマに本や文房具、写真などをセレクトするのだ
  • “ノーマル幟”に“レア幟”を交えて

    「ランチ」だとか「一瞬席外し」の行動予定は、まあわかる。だが時折、「ライブ!」や「春のキャンペーン」「ボディ&ソウル」などの“レア幟”が登場。すっかり幟ウォッチャーとなったOLちゃんたちの議論の種となるのである
魅惑のデスクトップ第1弾一見行動予定、その実…。小さな幟でモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト