日本でも一気に普及が進むかも?

進化した飛び出す絵本! 電子書籍コンテンツの魅力

2010.06.03 THU


日本でのiPad発売で拡大が勢いづく電子書籍。iPadをはじめ電子書籍リーダーというと、アマゾンのKindleや米ソニーのReaderがアメリカでしのぎを削っている。でも、これらで読める本ってどれぐらいあるの? 

「アメリカでは、アップルが2万冊、アマゾンが40万冊、グーグルが200万冊の書籍を取り扱っています。一方、日本では販売数が数千冊規模の中小のサプライヤーが乱立。本屋はたくさんあるのに、各店舗に並ぶ本が少ない状態なんです」(『電子書籍の衝撃』の著者・佐々木俊尚さん)

アメリカと日本では出版ビジネスや権利関係のあり方が異なるため、既存書籍の電子書籍化がなかなか進まないとか。ちなみに、日本で普及しそうなリーダーって?

「iPhoneの普及やサプライヤーの対応を見てもiPadでしょう。Kindleは、まだ日本版発売が決定していませんし」

だったら、iPadで電子書籍の魅力を堪能できるコンテンツを知りたい! そこで今度は、電子書籍に詳しいTechWaveの本田正浩さんに聞いてみました。

「iPadの電子書籍コンテンツには、普段の読書と同様に紙をめくるようにして読むものと、イラストや動画を効果的に使い、ページ内に仕掛けがしてあるものの2つがあります。iPadならではの魅力を感じたいなら、後者がオススメですね。たとえば…」

と、iPadの画面に現れたのは『不思議の国のアリス』(英語版)の絵本。おぉ、ページ上でチェシャ猫が消えては現れたり、iPadを動かせばアリスが伸び縮みしたり、まるで進化した飛び出す絵本のよう。書籍であり動画でありゲームであり…フシギ!

また、電通が運営する電子雑誌・販売サービスMAGASTOREでは、雑誌『GQ JAPAN』や『週刊ダイヤモンド』、『ニューズウィーク』をはじめ50以上の雑誌のiPad用アプリが用意されている。こちらでも、誌面に動画や画像が加えられるとか。

新しい世界を見せてくれた電子書籍。未来が楽しみです!
(有馬ゆえ/ノオト)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト