日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

むし歯はモテ・チャンス。歯医者選びの段階から、雌雄はすでに決している

2010.10.07 THU

モテリーマン

モテリーマンにとって歯の痛みは、新たなモテ・チャンスだ。モテるための通院テクは、どこの歯医者さんにいつ行くかを見極めること。条件は(1)住宅地 (2)平日朝11時過ぎごろ (3)周囲にあまりコンビニとか飲食店がないこと。
目指すのは「ライオンのオリに投げ込まれたウサギ」である。平日の住宅地といえば、勤め人は出勤しており、ヤング人口密度は低くなる。歯医者さんのおもな客層は、近所の主婦やおじいちゃんおばあちゃんである。そんななかに、パリッとスーツで現れたモテリーマンは、まさしくゴールデン・ルーキー!歯科衛生士さんも、女医さんも、近所の若い主婦もウットリだ。
出勤前に歯医者さんに寄る、近所のサラリーマンがいては元も子もないため、(2)が重要。さらにこれは(3)につながる。11時過ぎからの診察が終わると、ちょうどランチタイム。周囲に店が少ないと、歯医者さんチームの行く先もおのずと限定される。つまり、そこで出会う確率がぐっと高くなるのだ。そして「あら、さっきの?」…恋はいつだって始まるものである。

※フリーマガジンR25 15号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • オペレーション「掃き溜めに鶴」

    客層を外から見極めるのはむずかしい。が、こういう状況でならこっちのもの。そこにいるだけで、いつもよりモテる。ただし、診察室では従順に
  • オペレーション「11時の男」

    モテリーマンの実力で、11時に住宅地にいられる用事を設定だ。そうすれば、偶発的店外デートの確率もかなり高まる
むし歯はモテ・チャンス。歯医者選びの段階から、雌雄はすでに決している

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト