アナタと上司、どっちが忙しい?

僕らはマジメな勤労者! 仕事中のサボり時間は47分。

2010.09.27 MON



写真提供/getty images※首都圏在住の25~34歳の会社員500人(未婚者)を対象にインターネッ…
オフィスで働く皆さん。デスクワークでちょっと疲れたな…。そんなとき、どんな息抜きをしていますか?

R25世代の独身サラリーマンに聞いたサボり時間の過ごし方TOP3は「1位 ネット閲覧」「2位 タバコ・お茶」「3位 私用メール」。4位には携帯でのネット閲覧がランクインしており、パソコンにしても携帯にしても、ネット閲覧、メールが圧倒的多数。そしてその「罪の意識」はというと、タバコ・お茶をうしろめたく思う人が14.9%なのに対し、ネット閲覧やメールは、いずれも45%前後とかなり高め。タバコ・お茶は気分転換として許される範囲内という認識でいる一方、ネット閲覧や私用メールには「サボっている」という自覚があるようだ。ちなみにもっとも罪の意識があるサボリは「昼寝」で57.6%という結果に。

さらに、勤務時間中のサボリ時間を自己申告してもらったところ、半数近く(44.6%)が「30分以内」と回答。なかには「60分以上」というツワモノもいるものの、なんと「0分」も10%おり、半数以上は勤務時間中のサボり時間が30分以内という結果に。適正“サボり時間”が何分かは難しいところだが、この結果からは、若手サラリーマンが息つくヒマもないほどマジメに働く姿がうかがえる。ちなみに平均サボり時間は46.7分。

そして意外な結果がもうひとつ。「自分と上司、どちらが忙しいと思いますか?」と聞いたところ、編集部の予想に反して「自分より上司のほうが忙しい」と思う人が6割に及ぶことが判明。部下ばかりあくせく働かせて、上司はノンビリ出勤し、新聞を読んでいる…なんて姿は、今や昔の話のよう。「最近の若者は出世意欲が低い」とかいわれるけど、上司になったらなったで忙しくなるのであれば、今のまま、地位もお金も“そこそこ”でいいや、という気分なのでしょうね。
(ケロジャパン)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト