長年愛用したスーツや革靴が変身

百貨店でじわり人気上昇中「リメイク」サービスの魅力

2010.10.07 THU



写真提供/西武池袋本店
長年愛用しているスーツや革靴。着慣れているし、思い入れもあるけど、さすがにくたびれてきたかも…。そろそろ新調すべきか悩んでいたら、近ごろ都内の百貨店各店で、こうしたビジネスアイテムを「リメイク」してくれるサービスがじわじわ人気を集めているとの情報をキャッチ。実際どれくらいのリメイクまで可能なのか? 今年3月にスーツのリメイク専門カウンターをオープンさせた西武池袋本店を訪ねてみた。

「古くなり傷んだスーツを修理するだけでなく、体型の変化でサイズが合わなくなったスーツの寸法直し、流行に合わないスーツのデザイン直しなども受け付けております」(西武池袋本店 紳士服飾部プレタ&オーダーサロン係・関谷 斉氏)

同様のリメイクは路面店でも行われているが、百貨店には独自の魅力があるという。

「オーダーメードスーツの仕立てを行う百貨店には、熟練のフィッター職人が常駐しています。リメイクも同じ職人が手がけますので、長年培ってきたオーダーメードのノウハウを生かし、お客様の体型や姿勢に合わせたリメイクを提案できる点が強みです」

熟練の職人がフィッティングし、新たに仕立て直したスーツは、じっさいオーダーメード級の着心地だとか。リメイクというより“リオーダー”という方がふさわしいかも。

「しかもリメイクは新しく1着買うよりリーズナブル。当店も半年で40名様にご利用いただいており、平均単価は約3万円です」

確かに、この値段でオーダー“風”スーツが手に入るならかなりお得だ。

さらに、スーツ以外では先日リニューアルしたばかりの銀座三越が紳士靴のリペアコーナーを新設。通常の修理に加え、ラバーソールのカラーをカスタマイズできるサービスが好評だ。ほかにも、百貨店が行うリメイクサービスはまだまだある(下表参照)。

仕事上の苦楽を共にしてきた愛着あるアイテム。捨てるのが惜しければ、リメイクで新たな命を吹き込んでみるのもいいかもしれない。
(榎並紀行/アイドマ・スタジオ)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト