話題のニューストピックを追跡!

タバコ値上げでガムが売り上げ好調。今後は「咀嚼系男子」増えるとメーカー

2010.10.12 TUE

10月1日、タバコが大幅に値上げ(110~140円程度)されたが、これにより、関連商品への注目が高まっている。電子タバコ、ニコパッチ、禁煙ガムなどのほか、禁煙本の金字塔ともいえる『読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー』(アレン・カー・著/阪本章子・翻訳/ロングセラーズ) が1996年の発売ながら、アマゾンの書籍ランキングでは10月11日現在、101位の高位置につけている。

そんななか、売り上げ好調なのが「ガム」。ガムメーカー最大手の、株式会社ロッテ 広報・宣伝部の稲沢賢二さんによると、10月に入り、「板ガム」は9月と比較して売り上げ130%で推移しているという。粒ガムを含めたガム全体でも、10月は120%ほどの「特需」見込みである。2006年7月のタバコ値上げの際(20~30円程度)は前月比105%ほどだったことを考えると、今回の大幅値上げがガムの売り上げ向上に影響していることは明らか。喫煙者のフトコロにとっては大打撃で、節煙などのきっかけとなっているようだ。特に好調なフレーバーはミント系だという。

今回のタバコ値上げによる影響で、稲沢さんは「若い男性の喫煙者が減り『草食系男子』の次に『咀嚼系男子』が急増するかもしれません」と語っている。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト