日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

仕事がリズムを生み出しOLちゃんのココロをつかむ。〈モテ・リズム〉の秘密

2011.03.10 THU

モテリーマン

簡単に言うと、PCのキーボードやデスクの引き出しなどで、ガンガン音を出すだけのことだ…が、侮ってはならない。古来から、神に捧げる舞踊や祭事は手拍子や太鼓の音で行われることが多い。こうした原始的なリズムは、人間をたやすくトランス状態に陥らせる。モテリーマンが生み出す音〈モテ・リズム〉は、OLちゃんの心拍数とシンクロし、まさしく ココロをつかむのである。
まずは、セッションと心得るべし。むやみにキーを叩いたり、引き出しを開閉していてはならない。それは単なる「落ち着きのない人」だ。導入は、PCのキーを軽く叩いてリズムを組み立ててゆく。同時にOLちゃんの瞳を見つめ、〈目トロノーム〉や〈アゴタクト〉で、そこに意図的なリズムが存在することを伝えるのだ。彼女が〈アゴタクト〉に同調してくれば、電話機やメガネのツルなどを加えて、音に厚みを出す。ピッチを徐々に速める。
すでに彼女のハート(ビート)は、完全に〈モテ・リズム〉に支配されているはずだ。

※フリーマガジンR25 42号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 〈目トロノーム〉と〈アゴタクト〉

    瞳を振り子のように左右に動かし、アゴは指揮棒のように振る。これで、少し離れた席の彼女に<モテ・リズム>を伝えるのだ。あごを振りつつキーボードを叩く<スティーヴィー>というワザも効果的だ
  • 〈モテ・リズム〉の基本はキーボード

    ブルーズバンドのドラマーのように、軽く叩きながらその曲を支配するリズムを生み出す。当然、仕事中である。リズムを生み出しながらも、書類を作成したり計算を行っている。それが完了するまでにOLちゃんをのせるのが理想だ
  • シメは、一日数回の大技〈クビドラ〉で

    首の関節をポキーンと。タイミング勝負だ! ちなみに音楽が流れている場所では<モテ・リズム>は使えない。たとえばBGM+<アゴタクト>=ジャズ喫茶の客。必要以上にノリノリな人になってしまうからだ
仕事がリズムを生み出しOLちゃんのココロをつかむ。〈モテ・リズム〉の秘密

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト