日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

完全に必然性がある!魂の肉筆をぶつける社内の真っ白なキャンバス

2011.04.14 THU

モテリーマン

メール全盛の現代でも、なお手紙は重要だ。肉筆には人間性がにじみ出る。感情を確実に相手に伝える。そこにキュウリやサワガニなどがサラリと描かれていたなら、喜びもひとしおだ。だが、社内のOLちゃんにサワガニ付き絵手紙は通用しない。送る理由がない。強引に実行すると 鶴 の字のついた芸術的なあだ名を頂戴して終了である。
モテリーマンの肉筆には、理由がある。絵手紙ではなく、ホワイトボードだから。 千葉支店 15:00R というアレ。単なる業務連絡ではなく、オフィス全域に己が人間性を発信できる真っ白なキャンバスなのだ…。
極太マーカーで一息に書き上げる〈バクザン〉は、なでしこ系OLちゃんの心をつかむであろう。暗号で成り立つ〈ボンド〉は、秘密の共有。ボード全体を使った大作〈ゲルニカ〉に秘められたメッセージは、見る者すべての心を打つに違いない。オフィスに合法的に設置された最高の表現の場をむざむざ見過ごす者に、モテを語る資格はないのだ。

※フリーマガジンR25 47号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 魂を込めて書く〈バクザン〉

    “新中野 NR”ということを伝えるだけの文字が、これほどに荒々しいのだ! “病欠”と並んだときの、強さが違う(“病欠”は休んだ本人の字ではないけど…)。赤いマーカーで落款を入れるのを忘れるな
  • 答えは彼女だけが知る〈ボンド〉

    暗号である。OLちゃんにだけ答えを告げる。藤木の行先は「コンビニ すぐR」だが、完成度はどうでもよい。要は秘密を共有している感じが大切なのだ。ちなみに吉田のポエムはOLちゃんに待ち合わせ場所を告げているにすぎない。野村は…大丈夫だろうか?
  • 全人類への壮大なメッセージ〈ゲルニカ〉

    ホワイトボードすべてを使って描き出す大作。オフィスの人類すべてに等しく送られるメッセージは“10時 上野立ち寄り。浅草経由19時30分R”である。他人の文字を消さぬよう注意せよ
完全に必然性がある!魂の肉筆をぶつける社内の真っ白なキャンバス

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト