小山龍介の“いますぐ使える!”デキる男の仕事術

上司からの残業指示を無視するとオトコが上がる!?

2011.02.10 THU


2011年も始まってすでに1カ月以上経ちました。年初には、「早起きして英語の勉強をしよう」と意気込んでいたのに、なかなか手がつかないまま今日まで来てしまった…。そんな読者も多いのではないでしょうか?

やるべきことに集中するのは、なかなか難しいもの。実はその裏の、「やってはいけないこと」を決めたほうが、取り組みやすいのをご存じでしょうか。

たとえば、「運動をしよう」「たくさん歩こう」と考えるよりも、「エスカレーターは決して使わない!」「夜、腹筋を終えるまで眠らない」と決意するほうが、より一層、効果を発揮しやすい。仕事でいえば、「効率よく働こう」というよりも「水曜日は残業をしない!」と決意したほうが、効率が上がるのです。

禁止事項。これは、人を動かす力を持っています。中学校のときの校則を思い出してもらうといいのですが、「○○しなさい」という規則よりも、「○○してはいけません」という規則のほうが、しっかり記憶されていたのではないかと思います。「してはダメ」というほうが、脳裏に焼き付き、その人の行動を拘束するのです。

マーケティングの世界では、ブランドを作り、維持するときもまた、やってはいけないことを定めます。評判を維持するために、「価格は下げない」「顧客を騙すようなことはしない」などの禁忌を決めています。

これを自分ブランドに活用するのもいいでしょう。「自慢話をしない」「ガツガツしない」というのは、モテるオトコの「やらないことリスト」。いつも仕事を押し付けてくる部長からの残業指示も、「残業をやらない」という自分のポリシーに従って「やりません!」と断れば、ただ断るよりも「あいつは心のあるやつだ」と周りからの評価も高まるかも。

ちなみに、私、小山龍介が監修して先月末からBeeTVでスタートした『デキる男の朝活講座』。たった1分で、仕事の効率が上がるテクニックが身につくシリーズ第1回の放送は、『やらないことリスト』。やるべきことに集中するために、「やってはいけないこと」を決めた主人公が、劇的に仕事効率をアップさせる様子を紹介しています。でも最後は…というオチも。これは見てのお楽しみです!

朝活にはピッタリの、コンパクトなビジネス講座、ぜひ皆さんもご覧あれ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト