ビジネスマナー“常識”世論調査

第1回 上司より先に帰っていいの?

2011.02.15 TUE

ビジネスマナー“常識”世論調査


なんと「構わない」と答えた人が圧倒的に多数という結果に。個人の意志が尊重される時代になったんですねぇ 調査協力:クロスマーケティング 回答数:男性300人 年齢:25歳?34歳(平均30.68歳)

上司に「お先に失礼します」。これってアリ?



「お先に失礼します」。入社してから早や幾年月…何度この言葉を飲み込んだだろう。時計はちょうど夜の9時をまわったところ。もう自分の仕事は終わっている。別の部署の同僚たちは、そのほとんどがすでに家路に就いている頃だ。

しかし、直属の上司はおろか、隣の席に座る先輩は一向に帰る気配がない。そんな状況の中、自分だけ先に帰ってもいいのだろうか。いや、よくないよ。ねぇ、そうでしょ?上司より先に帰るのはアリですか?

25~34歳の社会人男性300人に聞いたアンケートによると、実に89.7%の人が、残業している上司より先に帰ることに対して「失礼ではない」と思っているという結果に。

年代別の割合を見てみると、25~29歳の平均が85.2%、30~34歳の平均が91.6%。つまり30歳以上の、すでに部下がいるであろう立場の年代の方がより「失礼ではない」と思っているのだ! そんなバカな…今まで気を遣って残っていた時間はなんだったんだよ! だって上司が残っていたら部下も残る。それが会社でしょ? 組織でしょ? マナーなんでしょ!?

「帰りづらいという心情は分かります。しかし、マナーとしてはまったく問題ありません」

そう教えてくれたのは、ビジネスマナーに関する数々の著作がある古谷治子さん。

な、なぜ問題ないのですか!?

「自分がやらなければいけない仕事が終わっていれば、それは社会人としての役割を果たしています。ただし、何も言わず黙って帰るのはマナー違反ですよ」

外資系ではむしろ、残業している方が能力がないと見なされるっていうしな。帰る前に一言「何かお手伝いできることありますか?」って聞けばいいだけなんだ。でも結局それで仕事を振られたら…

「もしどうしても帰りたい場合は、『今日は所用でお先に失礼しますが、明日はお手伝いできます』と、帰りたい気持ちと同時にやる気があることも伝えましょう」

自分の意向を聞いてもらいたいのなら都合ばかりではなく相手のことも配慮するってことね。意志表示&先を見越した提案! 簡単だけど高度なコミュニケーションだぜ。

ということで、コミュニケーションさえしっかりと取れていれば、上司より先に帰るという行為そのものは、社会人としてもマナー的にも問題ないことが分かった今回の調査。帰りたいのに帰れない状況でモジモジしているなら、いっそ勇気を出してみては? ビジネスマナーについて、知りたいこと、気になることがありましたら、右下の投稿ボタンから投稿して下さい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト