そういや知らない「アレの値段」

第2回 回転寿司のコンベア機のお値段は?

2011.02.22 TUE

そういや知らない「アレの値段」


北日本カコーさんの主力商品のひとつ「チェーンレスコンベア」機。チェーンレス化により、駆動音、振動音がまったくないのが特徴という。回転寿司のコンベア機も日々進化を続けているのだ 写真提供/北日本カコー

コンベア機の値段はどうやって決まる?



いまや日本のソウルフードとして、世界にもその名が広まっている「回転寿司」。高級寿司店をわざわざ“回らないお寿司屋さん”と呼ぶくらい、庶民にはおなじみの存在となっているわけだが…。回るお寿司の値段は知っていても、回転寿司のアイデンティティである、お寿司を運ぶ「コンベア機」のお値段を知っている人は、かなり少ないだろう。

回転寿司が回転寿司であるために欠かせないコンベア機。果たしていくらくらいで買えるものなのか? 今回は、コンベア機の製造販売メーカーである北日本カコーさんにお話を伺った。ズバリ、回転寿司のコンベア機のお値段は?

「よく質問されるんですが、実は回転寿司のコンベア機には、決まった値段がありません。お店を見比べればわかると思うのですが、コンベア機の大きさや形状は店舗によって様々。基本的に、一台一台オーダーメイドで製作しているものなんです」(北日本カコー 安沢さん)

「回転太郎1号」とか「スシマワール(ワイドタイプ)」みたいな製品ラインナップがある、値段の決まった商品だと思っていたのだが、そういうものではないようだ。とはいえ、値段がわからない、では記事にならない。せめて値段を想像する上で参考になる目安でもあれば…。 「あくまでも目安ですが、都内でよく見かける20~30坪くらいの規模のお店に設置されている、もっともシンプルな構造のコンベア機であれば、1レーンで400万円程度、と考えていただいてもよいでしょう」

これに、特急レーン、OAISO2(自動精算システム)といったバージョンアップを施したり、注文用のタッチパネルを付けたりすることで、さらに値段が上がるという。規模にもよるが、高価なものでは1レーン2000万くらいになる場合もあるようだ。

ちなみに、コンベア機と同様に回転寿司店では欠かせない、シャリを握るロボットのお値段は(これまた値段に幅はあるものの)1機で120万円くらいなんだとか。自宅に回転寿司の設備を! という野望を実現するのは、やはり簡単にはいかないようですな。 1レーン400万円くらいから、というお値段は、まぁ想定の範囲内といったところでしょうかね。回転寿司店を開業したい人には、役立つ情報になったのでは?

そういや知らない「アレの値段」の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト