そういや知らない「アレの値段」

第3回 銅像っていくらで建てられるの?

2011.03.01 TUE

そういや知らない「アレの値段」


製作にかかる費用を理解することで、銅像を見る目が変わってくるのでは…というのは言い過ぎ? 銅像が建つほどの偉人になってみたいものですねー 写真提供/楠妣庵観音寺(富田林市大字甘南備1103)

自分の雄姿を残すためのお値段は?



会社のロビーや公園などでよく見かける、その場所にゆかりがある人を称えるといった目的で建てられた銅像。その人物のことをまったく知らなかったとしても、銅像になっているのを見れば、自然と畏敬の念がわいてしまうものである。平凡な人生を歩んでいる我々にとって、自分の姿が銅像になった様子なんて、想像するきっかけすらないとは思うのだが…。

万が一、自分の銅像を建ててみたいと思ったら、いったいどれくらいの費用がかかるものなのか? 今回は、日本の銅像製作において90%以上のシェアを誇る、富山県高岡市の老舗メーカー、竹中銅器さんにお話を伺った。

「銅像の値段は大きく分けて、本人の写真や肖像を基に製作する原型の製作にかかる費用と、原型から銅像に仕上げるための鋳造費、そして完成した銅像を設置する台にかかる費用から成り立っています。このうち、値段が大きく変わるのが原型にかかる費用。著名な作家の先生にお願いすれば、原型だけで1000万から3000万円近くかかってしまうこともあります」(竹中銅器・鉢呂さん)

そ、それはさすがに別次元のお話。なるべく安く作ってもらおうと思ったら、どれくらいで済むんでしょう? 「値段の高い作家を選ばず、なるべく上手な原型師の方にお願いするなら、等身大の胸像(70cm程度)で、だいたい210万円。原型製作から鋳造、着色まで含め、これくらいの値段で製作できます。全身の立像(180cm程度)なら、700万円くらいから。金額のうち、半分程度が原型製作にかかる費用と考えてよいでしょう」

これに、完成した銅像を設置するための台座(胸像なら50万、立像なら100万円くらいから)を加えたものが、銅像を建てるための総費用、となるそう。ちなみに、銅像を建てたいと思ったら、どこに相談すればいいんでしょう?

「弊社のようなメーカーに直接相談していただいても結構です。ホームページからの注文や相談も受け付けています。また、全国のギフトショップや工芸品店から注文することも可能です」

ちなみに、百貨店でも銅像の注文を受け付けているんだとか。デパートで自分の銅像をあつらえてもらえるなんて、なんとも便利! ってことなのかなー? 胸像であれば台座込みで300万円くらいから。個人で建てるにはさすがに高価ですけど、会社や組織で製作するものとしては、意外とお値ごろかも。会社のロビーや公園でよく銅像を見かける理由が、なんとなくわかるような気がしましたね

そういや知らない「アレの値段」の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト