日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

その風はパブリック!クールビズの最終兵器、うちわでモテる

2011.07.21 THU

モテリーマン

夏のビジネスのクール化といえば、ノータイ・スタイル。しかし、そこにはどうしても“エコの威を借る経済活動”が見え隠れしてしまう。

モテリーマンはうちわで自ら風をクリエイトする。最大の問題である携帯性の悪さは〈コンバットマグナム〉でクリア。普段はジャケットの下、腰の辺りに差し込んでおく。熱を感じたら瞬時に引き抜き、扇ぎ態勢に入る。

さて、なぜ扇子ではないのか。まず使いこなしのハードルの高さ。たぶん大店おおだなの旦那さんや歌舞伎俳優などのかっこよさにはかなわない。しかし何より“風の性質”だ。うちわの風はきわめてパブリック、我と我が身を扇ぐだけでなく、ときには焼き鳥の炭火力を強化し、ときにはほっかほかの酢飯をクールダウンさせる。

周囲を涼しくさせる特徴をもったギアなのである。モテリーマンが起こした小さな風は空気をほのかに動かし、社内を活性化させる。やがて風はデスクを越えてゆく。必要以上に室温を下げることなく、OLちゃんのもとにさわやかさをお届け…さらば、夏。



※フリーマガジンR25 105号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • お手本は次元大介!

    うちわの定位置はパンツの腰の辺り。暑くなってきたら瞬時に引き抜き、引き抜いたと同時にパタパタ。扇子とは違って折り畳めないからこそ、魔法のように現れたうちわはサプライズなのだ
  • パブリックな風を具現化!

    〈チキン・マエストロ〉〈スシ・マスター〉である。ときに炎を起こし、ときに熱を冷ます。ともに、自分ではないモノに風を送るという意味では同様。OLちゃんをお姫さま気分にさせるのは〈ハーレム・スイング〉
  • アニメーション・マジック!

    うちわのA面に恐ろしいトラの絵、B面に堅牢なオリの絵を描き、でんでん太鼓の要領でクルクルさせればトラがオリの中に!好みに応じてA面の絵を変えよう!オオクワガタとかタスマニアデビルとか指名手配犯とか
その風はパブリック!クールビズの最終兵器、うちわでモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト