日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

温泉。爛れた夜の佇まいと濡れた髪の意外性。湯上りでモテる

2011.09.22 THU

モテリーマン

浴衣はだらーん、野暮な半纏で髪は生乾き、話す単語は唯一「ビール」…温泉における湯上りはこんなもんだ。しかしモテリーマンは、この状況さえもモテ・モーメントに変換する。

湯上りはだらしないのではない。セクシーなのである。浴衣は、大胆にフロントを開けたシャツ、半纏はカジュアルなジャケットと考える。表情さえキリリとキメれば、〈イタリアン・ユカタ〉。オフィスではカミソリのようにスマートにスーツを着こなす男が、初めて見せる爛れた夜の佇まい。OLちゃんのカラダが火照ってきているのは湯のせいだけではない。

濡れ髪も立派な武器だ。湿りっぱなしの〈パピー〉は雨に濡れた子犬感で、母性をくすぐる。前髪と襟足を三角形にまとめた〈アトム〉、体制に反抗するがごとくすべての髪を立てれば〈シド〉。普段を知るOLちゃんにいつもとは違うさまを見せるだけでなく、初見の彼女にもアピール可能。わざと妙な髪形にして目立つのは姑息だが、湯上がりに偶然、お洒落スタイルになってしまうのは、不可抗力なのだ。

※フリーマガジンR25 69号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • “少し悪”な浴衣の着こなし方

    ラテンなワルッぽさを意識した〈イタリアン・ユカタ〉スタイル。紅潮した頬がラテン感を増す。そして濡れ髪は〈パピー〉。トイ・プードル的なけなげさが、女心にアタック! 足元はイタリア・オヤジを意識して、当然素足だ
  • みんなを“つかめる”スタイル

    ドライヤーの手を借りねばならないかもしれないが、〈アトム〉のインパクトは大。温泉街散策中に出会ったOLちゃんがクスクス笑ってくれる確率、大。そうすれば勝つ確率も大
  • 狙いは「この人に、こんな面が…」

    〈シド〉には、反体制というダークサイドがチラリ。いずれにせよ、髪で演出するのは意外性。分量や形状によって〈ジョー・ヤブキ〉〈キョーモト〉〈ジロー・イシカワ〉などのスタイルも考慮に入れるべし
温泉。爛れた夜の佇まいと濡れた髪の意外性。湯上りでモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト