日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

小さな光ひとつで世界は変わる!照明でモテる

2011.10.13 THU

モテリーマン

モテリーマンはデスクにマイ照明を置きビジネスの精度を格段にアップさせる。

そしてモテる。デスクにつくや否やイイ顔になるからだ。〈リフレクション〉のせいだ。マイ照明の光が手元に広げた真っ白な書類に反射し、男の顔を明るくイキイキと仕上げる。書類が、プロのカメラマンが光を反射させるのに使うレフ板と同じ役割を果たしているのだ。かくして男は“仕事するときはイイ顔”の人として認識される。それだけでデキル男確定。

さらに〈シャイニング〉で、意中のOLちゃんはメロメロだ。なぜだか彼女の方を向いたときにだけ顔のどこかが“キラ~ン”と光るのである。ときにはメガネのフレームが、はたまた白い歯が、そして悔し涙が…。もちろん照明をそうセッティングしてあるのだ。

…ある残業の夜、真っ暗なオフィスに突然ウサギの姿が浮かび上がる…〈シャドウ〉である。モテリーマンはマイ照明を導入することで、光と影の魔術師となるのだ。

※フリーマガジンR25 113号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 仕事のときに突如イイ顔に!

    プロカメラマン公認の〈リフレクション〉。着席するたびに顔が明るくなる。イイ顔というのはハンサムとは限らない。仕事への意欲が顔に表れる(ように見える)のである
  • 顔のさまざまな部分を光らせる

    野心に燃える瞳、営業帰りの汗などなど…。絶妙な角度設定で(ときには鏡なども利用し)“キラ~ン”な魅力をデリバリーだ。憔悴しきって脂の浮いた“てか~ん”という高等テクも
  • マイ照明はマイ光源

    オフィスの照明が消える残業時のみのスペシャル・エフェクトが〈シャドウ〉。ウサギはぴょんぴょん跳ね、犬は彼女の頭を甘噛み。バーチャルな接触も楽しめる大人ための影絵である
小さな光ひとつで世界は変わる!照明でモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト