日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

ただシートを敷くな!1LDKの快適性を再現してモテる

2012.07.12 THU

モテリーマン

1LDKは都市のシングルにとって理想的な間取りだ。広めのリビング&ダイニングは 室内のパブリック・スペース 。友人を迎える空間となる。そしてシェルターのような私室でプライバシーを維持。こうした1LDKの快適さをモテリーマンはビーチに再現する…レジャーシートを巧みに使って。

リビングはビーチの特徴を最大限に利用。つまり、シートの下の砂を座る者の尻型に合わせて掘るのだ。まさに天然のソファ。シートに何の気なしに腰を下ろしたOLちゃんは、その心地よさに思わずつぶやく。「イタリア製!?」。一方ダイニングはシートの基礎に板を1枚投入し、ビーチの弱点を克服。地面そのものがテーブルと化すのだ。またもやOLちゃん、その堅牢さに「ドイツ製!?」。

ウォークインクローゼットは満ち潮を考慮して居住空間より陸側に。バルコニーは海と直結、キッチンは少し 離れ になった海の家。では私室は? プライベートな空間をビーチに作る必要はあるまい(ニヤリ)。

※フリーマガジンR25 102号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • ダイニングは地面が天板に

    板を一枚敷き、そこをテーブルという設定に。不安定なシャンパングラスでもしっかりと立つ。板がない場合は砂を水で濡らし固めても可。下のWICはウォークインクローゼットの意

    キッチンも私室も“離れ”

    ドリンクやフードはその都度、離れになったキッチンで入手すればいいし。私室はいわば寝室なわけで、わざわざこんなパブリックな場所に作らなくていいし
  • 人間工学に則った基礎工事

    臀部から足の裏のラインに沿った穴をまずビーチに。掘るというよりは、砂の上に直に座って尻でグリグリ型をつけるイメージ。レカロのシートのようにすっぽりと下半身を包み込んでくれる
ただシートを敷くな!1LDKの快適性を再現してモテる

武田篤典(steam)=文
Shu-Thang Grafix=絵

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト