ONで役立つグッズ!

雨にも負けない本格革靴

2012.08.21 TUE


カラーはブラックとダークブラウンの2色で、同型で表革がスエードのタイプもあり。そのほかローファーやブーツ、スニーカー型など20種類以上のゴアテックス採用モデルがある
ビジネスマンたるもの、スーツの足元はカチッと革靴でキメて仕事に挑みたいもの。本革でできた革靴は、見た目のカッコ良さやフォーマル感といったメリットに加えて、吸湿・通気性といった面でも優れています。

そんな革靴の弱点といったら、もちろん雨。革自体が水濡れに弱いうえに、構造上どうしても水が浸透しやすいです。雨の多い季節にうっかり革靴を履いた日には、空模様の変化に気が気でなくなります。

そんなビジネスマンに朗報なのが、おなじみのリーガルから発売されているゴアテックスファブリクスシリーズです。高級靴の代名詞といわれるグッドイヤー製法(靴底をミシンで縫い付けていて交換可能な製法)で作られていながら、内張りにゴアテックスを採用し、表革に撥水加工を施したことで、雨という弱点を克服しました。

ゴアテックスは、水は通さないけど湿気は通すという、アウトドアウェアではおなじみの高機能素材。これによって縫い目などから内部に浸透した雨水で足が濡れるのを防ぎながら、汗などの湿気はしっかり吸収するというメリットを見事にキープしています。

もちろん、グッドイヤー製法なので靴底の張り替えも可能。だから長く愛用し続けることができます。デザインも写真のUチップタイプのほか、プレーントゥやストレートチップなど、いくつかバリエーションもあり。

どんなときでもスーツの足元は革靴でキメたい皆さん、雨の多い日本のニーズに応えた日本メーカーならではの高機能革靴はいかがでしょうか。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト