ONで役立つグッズ!

書類・新聞を雑誌に?ナカトジール

2012.08.24 FRI


推奨される針はマックスホッチキス10号タイプ。ボディカラーは青と黄色の2色がある
会議の資料や議事録、企画書、リリースなどなど、仕事上の書類は“ペライチ”で済むにこしたことはありませんが、複数枚にのぼることもままあります。こうして書類の枚数が増えると、いっそ小冊子にしてしまいたくなりますよね。

そんな時に便利なのが、マックスの多機能スケール「ナカトジール」です。スケールの名の通り、定規として直線を引いたり、分度器で角度を測ったりできるほか、虫眼鏡機能や1cm単位の簡易コンパス機能まで備え、まさに「多機能」なのですが、ナカトジールの本領はスケールにありません。

ナカトジールの最大のウリは、複数枚の書類や新聞などを、週刊誌みたいにホッチキスで「中綴じ」することができるガイド機能なのです。中綴じってわかりますかね? 本や雑誌の製本では紙を綴じる方法に大きく2つの種類があって、背表紙があるものを「平綴じ」、背表紙がなく束ねた紙の中心部をホッチキス留めして二つ折りにしたものを「中綴じ」といいます。だいたい青年漫画雑誌や週刊誌は中綴じなのですが、それを誰もが気軽に行えるようにしたのがナカトジールなのです。

使い方は簡単。中綴じしたい用紙を本体に挟み込み、開いたホッチキスの針が出る部分をナカトジール本体のホッチキスガイド(凹部、受け)に合わせます。後はホッチキスを真上から押し込んで用紙を綴じるだけ。

市販のホッチキスを使うので、雑誌のように何十枚も綴じることはできませんが、コピー用紙なら約10枚、つまり最大40ページの小冊子を手軽に作ることができるのです。

こうなると難しいのはプリントアウト。ページ順に出力するのではなく、例えば40ページの小冊子なら、「表面:1ページと40ページ」「裏面:2ページと39ページ」という風に中綴じ用に指定して印刷しなくてはいけません。もっとも、印刷ソフトにはそうした中綴じ出力モードが備えられているものもありますのでご心配なく。
(熊山 准)

※この記事は2011年09月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト