ONで役立つグッズ!

針なしでも綴じるステープラー

2012.09.17 MON


サイズは幅32×長さ135×高さ95mm。薄いので机の一番上にあるような高さのない引き出しにも収納できる。カラーはブラック・グリーン・ライトブルー・ピンク・ホワイトの5色展開
必要なくなった資料の整理。シュレッダーにかけるために、爪でステープラーの針を外そうとしてやってしまいました。爪と指の間にぷすりと針が…。地味に痛いんですよね。

針を外すリムーバーなどを使えばいいのですが、準備するのはちょっと面倒です。というか、そもそも針を外す行為自体が面倒なんです。そんな不精者の私にぴったりの便利グッズを見つけました。その名も「ハリナックス(ハンディ8枚タイプ)」。商品名からもわかるとおり、針がいらないステープラーです。

針がなくても紙をとじられる秘密は穴。とじたい部分を矢印形に切り込んで、その切り込みを織り込むことで、8枚までの紙がとじられるという仕組みです。

使い方は一般的なステープラーとほぼ同じ。用紙を差し込んで、確認窓でとじ穴を開ける位置を決めます。この確認窓があることで、文字部分に穴がかかったりとじ損じたりすることを防止できます。場所が決まったらハンドルをしっかりと握って、用紙を引き出すだけ。手全体で握れるレバータイプなので、力が入りやすく軽い操作でとじることができます。

しかし、重要なのはしっかりととじられているかどうか。大事な会議でパラパラと外れてしまったら目も当てられません。そこで実際に使ってみたところ、意外と丈夫。よほど強く引っ張らない限りは、外れることはありませんでした。どうやら、矢印状のとじ穴の先端が引っかかるので外れにくいようです。

家庭用のシュレッダーでも針を外さなくていいというメリットのほかにも、いざ使おうとしたときに針がなくて慌てることもありません。R25世代にはちょっと早いかもしれないけれど、小さな子どもがいる家庭にもピッタリな商品です。
(コージー林田)

※この記事は2011年10月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト