ONで役立つグッズ!

書き味と手軽さを両立、新しい筆記具

2012.10.01 MON


デザインはクラシックなものから現代的なものまで12モデルがラインナップ。女性向けにボディが細身のスリムタイプもある。交換用のリフィール(替え芯)は1本1050円
ときおり万年筆を使っている人に出会うが、聞けば日常的に使うには結構ハードルが高いそうだ。理由は、インクの補充や小まめなメンテナンスなど、何かと手間がかかるためだとか。それでも使い続けるのは、他の筆記具では味わえない書き味が魅力だから。使い込むほどペン先がわずかに摩耗して、使用者の“書きグセ”にペンがなじんでくるのだという。

そんな万年筆さながらに、自分だけの“書き味”を簡単に手に入れられるペンが登場した。米国の高級筆記具ブランド、パーカーの「インジェニュイティ」だ。このペンは「パーカー5thテクノロジー」という、まったく新しい筆記具の構造を採用したもの。この「5th」とは、万年筆、ボールペン、ローラーボール(水性ボールペン)、シャープペンシルに続く、5番目の筆記具のカテゴリーを指しているのだとか。

高級感のあるボディの先端は万年筆のペン先のようになっているが、実はこれは「フード」呼ばれる単なるカバー。本当のペン先はその下に隠れている黒い樹脂製の部分だ。この部分には特殊な加工によって微細な溝が刻まれており、そこからインクが適量だけ染み出してくる仕組み。さらに使い込むことで樹脂製のペン先が摩耗していき、使用者のクセに合わせて書き味がより滑らかになっていく。

インクはリフィル(替え芯)式になっているので、手を汚さずに簡単に交換可能。インク自体にも工夫があり、キャップをし忘れても1~2日程度ならペン先が乾くこともない。万年筆にありがちな、インク漏れやペン先の乾燥といったトラブルから解放され、はるかに扱いやすくなっている。

万年筆に憧れつつも踏み切れないアナタ、万年筆ライクなルックスと自分好みに育つ書き味に、扱いやすさも加わった「パーカー インジェニュイティ」で、高級筆記具の世界に踏み込んでみてはいかが?
(青山祐輔)

※この記事は2011年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト