ONで役立つグッズ!

振動で知らせる控えめな腕時計

2012.10.02 TUE


アラームの設定は5つまで登録可能。カラーはグレーとレッド。電源は内蔵リチウムイオンバッテリーへの充電式で、充電はUSBケーブルで行う。2時間の充電で、4日間ほど動作可能
周囲の人には知られずに、時間を知りたいシチュエーションってありますよね。スピーチやプレゼンを持ち時間できっかり終わらせたいときや、商談中のお客さんの前など頻繁に時計を見ると失礼にあたる状況のときなど、自分だけにわかるように時間を知ることができると便利です。

腕時計のタイマーやアラーム機能は音が鳴るし、ケータイだとバイブレーションで通知できるけど、ポケットの中だとわかりにくいこともあります。なにかスマートな方法はないものでしょうか?

そんなニーズを満たしてくれるのが『MUTEWATCH』。全体がしなやかなラバーでできており、文字盤やボタンらしき部分がなく健康器具のような外観ですが、これでもれっきとしたアラーム/タイマー機能付きの腕時計です。

単に腕につけている状態ではなにも表示されていませんが、パネル部分をタッチするか、腕を傾けるとセンサーが動きを感じ取り、LEDによる文字が光って時刻をお知らせしてくれるという、腕時計にしては時間表示に控えめな仕組みです。

それに加えてアラームやタイマーの通知も、音ではなくバイブレーションのみという控えめさ。でも、振動の大きさはケータイ並みなので、腕につけていれば気がつかないということはありません。

さらにユニークなのは操作方法です。ボタンなどは一切ありませんが、表示パネルがタッチパネルになっており、タップやフリック、スワイプなどスマホのように操作できるのがイマドキっぽいです。アラームを設定するには、時刻が表示された状態で表示パネルをフリックして設定モードにし、文字部分の上をタップすると時刻が進み、下部分をタップすると時刻が戻るので、直感的に操作しやすくなっています。

見た目や機能がシンプルなだけでなく、明かりセンサーや加速度センサーを搭載しており、周囲の明るさや行動の状況によって、光り方や振動の強弱を変えるといった、動作の細かい点にまで配慮された設計になっています。

話が長くなりがちとか、スケジュールが分刻みに忙しいとか、シビアに時間管理をしたい方は、こんな腕時計でサポートしてみるのはいかが?
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト