思わず欲しくなるグッズ!

スマートフォンを充電するバッグ

2012.11.05 MON


サイズは38×30×20cmで、カラーはクロとチョコレートとネイビーがある。トートバッグタイプのほかに、ボストンバッグ、クラッチバッグ、ボディーバッグなど合計4タイプがラインナップ。充電用ACアダプタが付属
複数のデジタルガジェットを持ち歩いているR25世代は多いはず。これらのアイテムを使いこなしていくと、今度はモバイルバッテリーが欲しくなります。

ところがこのバッテリー、必要性は高いのに実際に機器とつないでおく機会は一日のうちでも少ないので、せっかく充電したのに自宅に忘れてしまうという、悲しい事態が起きがちです。

「だったらカバンとバッテリーを一緒にすればいいんじゃない」なんていう、若干力業なアイデアをそのまま形にしたのが『BAGTTERY』。Bag+Batteryという名前の由来通り、モバイルバッテリーを内蔵したカバンです。エレクトロニクスブランドの「amadana」とバッグ・アクセサリーブランドの「KENJIIKEDA」がコラボレートした新ブランド「KENJI AMADANA」の製品。

上質なレザーを使ったデザイン性の高いカバンに、5600mAhもの大容量バッテリーを内蔵しており、スマホなら約2.5台分のフル充電が可能。カバンの内部に、充電用のUSBポートを2口と、スマホがちょうど収まるポケットが付いているので、移動の合間にカバンの中でサッと充電できます。

カバンの側面にあるブランドロゴは、光の色によって残容量を表示するだけでなく、充電プラグも一体になったもの。BAGTTERYを充電したり、残容量を確認したりといった際に、カバンの中をガサゴソと探す必要がないのもうれしいところ。

最近はカバンの選び方に、デジタルガジェットを持ち歩きも考慮する人が増えてきました。それに加えて、デザインまで考慮した『BAGTTERY』は、これからのカバンのスタンダードになるかもしれませんね。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト