知人や家族・親せきの紹介で転職した人100名に聞いた

縁故転職者 入社後の実態とホンネ

2012.12.28 FRI


知人や家族・親せきの紹介で入社する縁故転職。人脈を活用することも、転職の一つの選択肢ですが、実際に縁故で転職をした人たちは、どのような感想を抱いているのでしょうか。縁故転職をした100名に、本音を聞きました。

縁故転職した人に転職理由を聞いたところ、1位は「待遇がよいから」、2位は「知人に誘われたから」というもの。公募や転職エージェントを通じた転職に多い「会社や仕事の魅力」に注目した人は少数派という結果になりました(表1)。 「高待遇」も「知人の誘い」も、自分自身を知人や求人企業が評価してくれているからこそのもの。“必要とされている”と実感できることが、縁故転職の大きな決め手になっているといえそうです。

縁故転職も、一つの転職手段です。ただし、「待遇がよいから」や「知人に誘われたから」などの一面的な理由だけでは、入社後に「仕事内容が話と違う」「社風が合わない」など思惑と違うことが発生し、転職を後悔することにもなりかねません。

転職全般に言えることですが、「転職によって何を実現したいのか」を明確にして、目的に沿った会社を選ぶことが、転職を成功させる大切なポイントです。

縁故転職のメリットの1位は、「仕事内容の融通が利く」というもの(表2)。一般の転職よりも希望を言いやすいという利点があるようです。2位の「職場に溶け込みやすい」も、縁故ならではといえる特徴。紹介者がいることで、入社企業との心理的な距離がぐっと縮まることがわかります。

一方で、「デメリットはない」と言う人が多かったものの、マイナス要素としてあがった項目からは、“期待が大きいだけに成果をあげても当然とみなされる”、“紹介者の顔に泥を塗らないような仕事をしなくてはいけない”というプレッシャーが伝わってきます(表3)。また、メリットとは逆に、「職場に溶け込めない」という人も。特別待遇などが仇になって、居辛い思いをしている人もいるのではないでしょうか。

縁故転職には、メリットもあればデメリットもあります。周囲からの期待がよい刺激になれば、自分自身の成長を促すチャンスになりますが、「こんなはずではなかった」と後悔するような事態は避けたいもの。

縁故転職は、一般的な採用プロセスを経ないことが多く、仕事の難易度や内容をしっかりと確認する機会がないままに入社にいたってしまうことが少なくありません。

縁故転職に限った話ではありませんが、ミスマッチを避けるには、自分の「できること」と「やりたいこと」、「入社企業が自分に求める仕事や役割」を、応募の段階でしっかりと共有し、互いの期待に沿うのかどうかを確認しておくことが大切です。

縁故転職した人は、入社した会社のことを事前にどの程度調べていたのでしょうか。アンケートで尋ねたところ、「あまり調べなかった」と「まったく調べなかった」が全体の約6割という結果に(図1)。「よく知っている会社なので調べる必要がない」といった人もいるものの、そうであったとしても転職先としてふさわしいかどうかを改めて調べた人が少ないことがわかるデータです。

「もう一度転職するなら縁故を利用するか」という質問には、55%の人が「利用する」と答えましたが、「あまり調べなかった」「まったく調べなかった」という人に限ると、「利用する」は40%と過半数を下回りました(図2)。

縁故転職と言えども、入社する企業のことを事前にしっかりと調べておくことは大切です。希望する仕事ができるのか、期待通りのポジションに就けるのか、待遇はどうか…など、気になる要素は必ず確認しておきましょう。

ただし、一般の転職にも当てはまることですが、「あれも、これも」と多くを求めることは禁物です。譲れない条件を明確にし、それが満たされるのかどうかを見極めるようにしてください。そして、応募時には「自分には何ができるのか」「自分は何がしたいのか」を、企業にしっかりと伝えましょう。

また、人脈に頼った転職活動だけでは、収集できる求人情報に限りがあります。転職エージェントや転職サイトなどを利用して自力でも活動し、納得のいく一社を見つけることをお勧めします。

※この記事は2012年06月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト