ONで役立つグッズ!

水洗いで汚れを落とせるキーボード

2013.02.05 TUE


サイズは幅430×奥行140×高さ19mm。重量は490g。107キー日本語レイアウトを採用している。洗浄は手洗いのみ可。付属のブラシもしくは柔らかい布を使い、研磨剤、アルコール、溶剤、強力な洗剤の使用は不可。深さ最大30cm、水温50℃以下の水で洗うこと
5年ほど前にネットを中心に話題になった、「パソコンのキーボードは、トイレよりも汚い可能性がある」というニュース。英消費者雑誌が行った調査では、キーボードから、ふき掃除した便座の5倍ものバクテリアが確認されたという内容でしたが、衝撃的だったので、覚えている人も多いでしょう。

私も、このニュースを耳にした直後はできるだけキーボードを清潔に保つようにしていたのですが、その清掃は意外に面倒。エアダスターでキーの間のゴミを吹き飛ばし、その後に除菌クリーナーで拭くなど手間と時間がかかります。

もっとラクな清掃方法があればいいのにと思っているときに、面白いキーボードを発見しました。それが、ロジクールから発売されている『Logicool Washable Keyboard k310』という商品。なんと、水で丸洗いができるのです。

クリーニングブラシが付属しており、キッチンなどで流水を使ってジャブジャブと洗うことが可能。キーボード裏には排水穴がついているので、水抜けも良好です。ちなみに、最大30cmの深さまでなら水中に沈めても大丈夫なので、水に浸けてと洗うこともできそうです。ちなみに、キーの文字はレーザー印刷された上にUVコーティングが施されており、繰り返し洗っても文字が消えにくい仕様です。

万が一、キーボードに飲み物をこぼしても大丈夫ですし、また、すぐに汚れを洗い流せる点もメリットです。

もちろん、キーボードとしての使い勝手も抜群。タイピングしやすい標準的なキーピッチ(19mm)を確保、また、500万回のキーストロークに耐えられる耐久性も備えています。スマートな薄型設計で、見た目がオシャレなのもいい感じです。

Windowsに対応しセットアップ時にわずらわしいインストール作業は不要で、USBで接続するだけですぐに使うことができます。

キーボードの汚れが気になるあなたやよく飲み物をこぼしてしまうあなたに、オススメしたい一品です。仕事が捗るかもしれませんよ。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト