ビジネス英語の+αを体得せよ!

第3回 “英語聞き流し”の効果とは?

2013.03.21 THU

ビジネス英語の+αを体得せよ!

ゆる~い聞き流しでも、続ければ…



「ビジネス英語のハードルの一つが、聞き慣れない単語にあるのは確かです。日常会話では登場しない多くの単語を使うので、初めて出会った時にきちんと調べ、発音も一緒に、1単語ずつしっかり覚えていくことはもちろん重要。言葉に別の使い方や意味を発見することもあるので、文法重視、会話重視、例文重視など、辞書ごとに異なる特性を意識しながら、一度に複数の辞書で調べてみるのがオススメです。何冊も持ち歩くのが厳しい場合は、電子辞書を活用するといいのでは」

と、ビジネス英語上達方法を教えてくれたのは、グルーバル人材の育成や、ビジネス英語の講師を務める竹村和浩さん。そこで、カシオの電子辞書「エクスワード XD-N8500」を使って、ビジネス英語の勉強をスタートしてみることに。単語検索に「ジーニアス英和辞典」や「オックスフォード現代英英辞典」を使うと、言葉の意味と同時に、ネイティブ音声での発音チェックも合わせて行えます。なるほど! これなら学習の効率アップにも一役買ってくれそう!

「勉強をスムーズに進めるには、まず自分なりのスタイルを確立すること。なんといっても、続けることが一番大切なので、便利なツールを用いつつ、負担にならない勉強方法を継続しましょう」

たしかに、頑張りすぎても、続かなければ意味がないですよね。根を詰めない勉強法として思い出されるのが、よく聞く“英語の聞き流し”。これは効果があるでんしょうか?

「頭だけでなく、ゆっくりと時間をかけてカラダに覚えさせることも必要です。英語は子音が27コ、母音が23コと、日本語に比べて音の数が圧倒的に多い。単語ごとの意味や使い方を頭でわかっていても、耳が慣れていなければ聞き取れません。知っている単語でも、実際の会話で聞くと、理解できないということも多々あります」

試しに「エクスワード」に収録されている、「電話英会話ミニフレーズ」を聞いてみたところ、自分の実力不足を痛感…。
ビジネス英語マスターには、知識だけでなく、慣れが重要! 「食事をしながら、雑誌を読みながらでも、とりあえず英語が耳に入る環境を作ることで効果が生まれます」(竹村さん)
「実際の英語を聞き取るには、知識よりも経験が重要です。私も初めて英語のラジオを聞いた時にまったく聞き取れず、自信があっただけにショックを受けた経験があります(笑)。しかし、聞き取れないラジオを半年ほど流し続けたところ、ある日急に「あ、わかる」という瞬間に巡りあいました。英語の上達には、頭での理解と、身体の慣れの両方が必要です。しっかりと勉強することはもちろんですが、聞き流すだけでも、ずっと続けていれば、必ず英語上達の助けになります。大切なのは、できるだけ英語に触れている時間を増やすこと。焦らず腰をすえて、チャレンジしましょう」

普段の仕事や英語の学習ツールとしても使える「エクスワード」ですが、「NHKラジオ 入門ビジネス英語」「NHKラジオ 実践ビジネス英語」の音声とテキストをそれぞれ1年分収録するなど、リスニングコンテンツも豊富です。これなら、常に持ち歩いて、通勤や昼休みなどのスキマ時間もムリなく英語タイムにできそうですね。毎日の積み重ねでいつの間にか英語力がアップしそう。英語学習を楽しく効率的にしてくれる「エクスワード」で、じっくり英語力アップを目指しましょう! 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト