ビジネス英語の+αを体得せよ!

第4回 ビジネス英語攻略の鍵は電子辞書!?

2013.03.28 THU

ビジネス英語の+αを体得せよ!

オンタイムも英語学習もしっかりサポート!



「電子辞書なんてどれも同じでしょ…」なんて侮る無かれ! カシオ「エクスワード」は、生活・ビジネス、学生、外国語、医学、コンパクト、シンプル/スタンダードなど、用途に合わせたラインナップがたくさん用意されています。その数なんと全31モデル! 自分の利用目的に合わせ、辞書、文学作品、学習などのコンテンツが収録されているので、まずは自分に合った一台を選ぶことが大切です。

なかでも、R25世代にピッタリなビジネスモデルXD-N8500は、「オックスフォードビジネス英語辞典」「最新経済ビジネス英語」「200万語専門用語 英語・和英大辞典」など、英語辞典6冊を収録し、様々な角度から単語の検索が可能。様々な英語学習コンテンツに加えて、国語辞典やビジネス用語のボキャブラリーをアップしてくれる用語辞典など、ビジネスシーンで活躍してくれるコンテンツも備えたスグレモノです。正しい発音のマスターをサポートしてくれる、ネイティブ発音コンテンツは、英単語約10万語、英語例文、日本語約7万語を収録。さらにTOEIC®対策コンテンツ12種類収録と、ここでは紹介しきれないほどの充実した内容。
オフィスでも、カフェでも、場所を選ばずビジネス英語の学習ができる「エクスワード」。充実した辞書類はもちろん、動画や音声コンテンツも豊富。「エクスワード」なら、新たな英語の勉強スタイルが手に入るかも!?
早速XD-N8500を使ってみたところ、「はじめての新TOEIC®テスト」や「新TOEIC®テスト 英単語・熟語 マスタリー2000」など、しっかりと本腰を入れて学習できる実践的なものから、リズムに合わせて楽しく単語が覚えられる「キクタンTOEIC®シリーズ」など、手軽に取り掛かれるものまで、TOEIC対策に役立つ学習コンテンツがズラリ! オフタイムには、うまく自分の時間を調整しつつ、時間に合わせたコンテンツを活用していけば、効率的にTOEIC攻略を目指すことができそう!

コンパクトなボディの「エクスワード」なら、持ち運びにも便利。時間や場所を問わない学習スタイルを実現してくれるのは、忙しいR25世代にとって心強いポイントです。例えば、忙しいオンタイムであっても、通勤やランチタイムなどのスキマ時間を利用すれば、「NHKラジオ 入門ビジネス英語」「NHKラジオ 実践ビジネス英語」などの“聞くコンテンツ”で、英語力をアップさせることも可能。どちらも、たっぷり1年分の放送が収録されているので、自分のペースで長期的に勉強していくことができそう。

もちろん、基本の検索機能も充実。知らない単語を「エクスワード」で検索すると、まず一般的な辞書と同じく、発音記号や語彙、用例などが表示されますが、ここからが“ならでは”の機能! 検索した内容を表示した後、気になる単語を選択して「ジャンプ」を押すと、他の辞典で検索することができるんです! 他にも「音声」を押せば、ネイティブの発音をすぐにチェックできるなど、“単語検索”という1つの動作からその単語にまつわる様々な情報を、包括的に知ることができるというワケ。

さらに「エクスワード」では、手書きでメモが書けることに加え、それを保存したり、調べたページにマーカーを引いたり、付箋をつけたりと、独自のカスタマイズが可能。今までは“調べもの”をメインに電子辞書を活用していたという人も、言葉の意味を“知る”だけでは終わらない、次に繋がる“学習”ができる一台なのです!

効率アップのワークツールとしてはもちろん、オフタイムには本腰を入れたTOEIC対策に、オンタイムにはスキマ時間を使った“聞くコンテンツ”の活用など、R25世代のタイムスケジュールに合わせて、様々な英語学習に機能してくれそうな「エクスワード」。英語を“調べる”や“知る”だけで終わらせず、その先の“学び”にまで高めてくれそうなこちらのアイテムを活用しつつ、どっぷりと“ビジネス英語”の深淵な世界に浸ってみてはいかがでしょうか。気づいた時には、見違えるような英語力が身についているかもしれませんよ! 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト