日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

毎週毎週新たな花束!デート?プレゼント?花を買ってモテる

2013.03.28 THU

モテリーマン

初夏。手のなかにはノーブルなトルコキキョウ。小さなベルみたいなサンダーソニアも愛らしい。王道はやはりバラだ。OLちゃんとの未来を暗示するかのような、ピンクの〈ドルチェ・ヴィータ〉(=甘い生活)…。

モテリーマンは花を買う。毎週、もっとも旬な花束を手にして街を行く。「ヤダ、花買ってる」「え、今週も」「へー(ハート)今日はピンク」――OLちゃんは毎週その姿を見て思うのだ。彼は(1)ちゃんと彼女がいて(2)マメで(3)優しくて(4)花好きなんだ。果たして本当に毎週デートなのか。なぜ決まって彼女に目撃されるタイミングで花を持っているのか。どうでもいい話である。彼は単に毎週花を買っているだけ。見かけるOLちゃんは自主的に「へー(ハート)」と思ってくれているだけなのだ。いや、もし仮に思われていなくても、確実なことがふたつある。

毎週彼の“花偏差値”はグイグイ上がっていること。そして、花屋の素敵なおねえさんとの距離はグングン近づいていること。

※フリーマガジンR25 142号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 花好きの明白な証拠

    ワイルドフラワーに目がない。カスミソウにマリーゴールド、小さなマーガレット。自ら摘んだ野花を新聞紙などでササッと巻いて持ち歩く。単なる花好きな男、それだけでもポイントは低くない。花粉まみれのスーツがチャーミーである
  • 彼女と花への愛に満ちあふれた男

    本当に花を持ち慣れた男は、こう持つ。花は“咲いているときと同じような状態”が正しい。根を下に垂直に持ち、できればベイビーを抱くように優しく片手を添える。毎週毎週、旬の花束をとっても大事に持つ男。花に対して、それが届けられるであろう彼女に対しての愛に満ちあふれている
毎週毎週新たな花束!デート?プレゼント?花を買ってモテる

武田篤典(steam)=文
Shu-Thang Grafix=絵

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト