日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

安全に快適に楽しむため、ピクニックバスケット持参。映画館でモテる

2013.04.18 THU

モテリーマン

その味わい深いバスケットからはさまざまなものが飛び出す。まずはラグ。そこはつねに“床べとべと”の恐怖と隣り合わせだからだ。そしてひざ掛け(モテ必需品だ!)もスタンバイ。館内は高原の朝のように冷え込むことがあるからだ。それにポップコーンの粉からOLちゃんワードローブを守る役割も持つ。ポップコーンといえば映画館のメインディッシュ。勝負ポイントは着席から消灯までのあいだである。彼女がどのくらいの頻度で、どの辺りまで手をのばすかを把握しておく。映画が始まったら、そのとおりにポップのカップを操る。かくしてOLちゃんは闇の中でもストレスフリーにポップライフを展開できるのである。

さらにバスケットには2本のマホービン。1本にはおいしい水。塩辛い口中をさわやか化してくれる。もう1本には濃く入れたエスプレッソ。もし映画が退屈な場合(それはモテリーマンのせいではないが)、睡魔からOLちゃんを守るため。ただし、その寝顔があまりにも安らかで愛らしい場合は例外とする。

※フリーマガジンR25 145号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • シミュレーション

    OLちゃんの“ポップ・キャッチ”の位置と頻度を把握しておくこと。終了後にはウエットティシューにチェンジすること

    ラグ

    床べとべとから荷物を守る。OLちゃんのバッグも置きたい

    ひざかけ

    寒さ対策と“ポップ粉”よけのクロスにも

    2本のマホービン

    ポップコーンの塩味を洗い流す水と、監督がとても退屈な映画を作った場合の濃いエスプレッソ入り。

    ※持ち込み禁止の館もあるので注意

    サングラス&ペンライト

    アクシデントのとき。サングラスは、突如照明がついた場合に目を慣らすため。ペンライトはいつまでも照明がつかないときのため
安全に快適に楽しむため、ピクニックバスケット持参。映画館でモテる

武田篤典(steam)=文
Shu-Thang Grafix=絵

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト