ONで役立つグッズ!

自由にプレゼンできるデジタルペン

2013.04.25 THU


パッドの素材はアルミ製で、表面のアイコンなどは印刷してあるだけなので、重量も約70gと軽量。パソコンとデジタルペンとの接続はBluetoothで行う
パソコン上の資料をプロジェクターで映して使う際、通常「ここがポイントなんです」とか「ここのデータが…」などと、スライドの一部を指し示すにはレーザポインターを使うと思います。その際、説明しながらアンダーラインを引いたり、丸で囲ったり、思いついたフレーズを書き込んだりしたくなってもできないのが歯がゆいところ。

アプリケーション上で線や文字を書き込めばいいのでしょうが、そうすると今度はその作業のたびに説明が止まってしまいます。また手書きの線や文字にある味を出そうとしても、マウスやトラックパッドなどで、文字や図形を書き込むのは、思ったより大変です。

そんな不満を解消してくれるのが、文具メーカーのプラスが開発した「UPIC CoCo」。デジタルペンと手のひらにおさまる大きさのパッドがセットになった製品で、プレゼン時のカーソル操作をスムーズにしてくれるもの。付属のソフトをインストールすると、パッドをデジタルペンでなぞることで、スムーズなカーソル操作が可能になります。ここ、と思うところをダイレクトに指し示せるので、フラストレーションが溜まりません。

さらに、パッドがちょうどハガキサイズ(A6サイズ)なので、手帳に書き込むのと同じように文字や図形を書けます。カーソル操作をしつつ、その場で書き込むことができるので、ライブ感のあるプレゼンを演出できるのです。

パッドの上部に並んでいるアイコンをペンでタッチすることで、ファイルを保存したり、書き込みを消して元に戻したりといった操作がワンタッチでできるのもうれしいところ。

もっと効果的なプレゼンをしたいとお悩みのアナタ、スムーズな操作が可能なUPIC CoCoをお試しあれ。
(青山祐輔)

※この記事は2012年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト