ONで役立つグッズ!

デカボール採用の太字ボールペン

2013.06.04 TUE


最近は滑らかに書けるタイプの油性ボールペンが流行しているが、こちらも油性ボールペンに負けずとも劣らない非常に滑らかな書き味。耐水性・耐光性にも優れている。カラーは黒と赤の2色。円内の左が0.7mmのボールペン、右が筆ボール
郵便物の宛名は必ず手書きにしているという人がいます。プリンターやプリントサービスが普及した昨今、あえて手書きの宛名からは、丁寧さや誠実さが伝わり良い印象を受けますよね。

宛名書きと聞いて思い浮かぶ筆記用具は筆ペンや万年筆ですが、普段から使い慣れていないときれいな文字を書くのは難しいもの。かといってボールペンの線では細くて、大事な郵便物の行く先を託す宛名の文字としては、頼りなく感じます。

そこで手元に1本備えておきたいのがオートの『筆ボール』。名前に「筆」と付いていますが、物自体はれっきとした水性ボールペン。ただし、ボールの直径が1.5mmと大きいため、普通のボールペンよりも太い字を書くことができます。

1.5mmという数字は小さく感じますが、一般的なボールペンのボール径は0.5~1mm程度のため、実はかなりの大きさ。さらに滑らかな水性顔料インクを採用することで、太い線が書けるだけでなく、線の強弱も簡単に表現できます。このため、漢字のトメやハネ、ハライが表現しやすいというのが、製品名に「筆」と付いているゆえん。

確かに使ってみると、普通のボールペンとは明らかに違う書き味と筆跡です。さすがに毛筆ほどに線の強弱は表現できませんが、万年筆並みの表現は可能。それでいて、従来のボールペンと同じように気軽に扱え、手入れに気を遣う必要もありません。

発売元のオートは、国内でも最初期からボールペンを製造している老舗の文具メーカー。歴史があるだけでなく、世界初の水性ボールペンやボールがセラミックのボールペンを開発するなど、ボールペンを進化させてきた会社でもあります。

もちろん、宛名書きだけでなく、普段使いにもおススメです。最近は、手帳に書き込みやすいという理由で細字のペンが好まれるようですが、どっしりとした太い字で書き込むのも、なかなか気持ちが良いものですよ。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト