ONで役立つグッズ!

プレゼンを輝かせる“魔法の指輪”

2013.07.02 TUE


リング部分をペン型のレーザーポインターや指示棒にはめ込んで使うこともできる。リング部分は交換可能で、大小2サイズが付属。実売価格は約3500円
職種にもよりますが、社会人につきものの業務がプレゼンです。部内で企画の説明、営業マンならお客さんへの提案、研究職なら成果発表などなど場面は様々。それぞれ内容や状況、目的は異なりますが、「スライドをパソコンで画面に映しながら話す」という点はおおかたのプレゼンに共通するところ。

そこで問題になるのが、ページ送りのパソコン操作です。最近はプレゼン用の操作デバイスも増えてきて、ページ送りや戻し機能だけでなく、カーソル操作が可能なものや、ペイント機能でスライドに書き込みできるものなど、様々な製品があります。

これらのアイテムは、確かに便利ですが、機能が多すぎて操作方法を覚えきれなかったり、それが元で操作ミスをしたりと、案外と使わなくなってしまうもの。シンプル・イズ・ベストなのはプレゼンの内容だけじゃないんですよね…。

そんなシンプル・プレゼン派にオススメなアイテムが「フィンガープレゼンター<kokuyoseki>」(コクヨS&T)。プレゼン時のスライド操作に必要な最低限の機能に絞った操作用デバイスです。

手の中に握り込めるほど小さなボディに、操作ボタンはたったの3つ。スライドをめくる「NEXT」ボタン、スライドを戻す「BACK」ボタン、そして画面を暗転させる「BLACK OUT」ボタン。この3つがあれば、ほとんどのプレゼンにおけるスライド操作は問題なしなので必要最低限の機能は十分満たしています。

一方で、こういった操作デバイスはサイズが小さいと操作しづらかったり、手を滑らせて落としやすかったりします。それをkokuyosekiは、指輪型にすることで解決。指にはめることによって落としにくくなり、また常にボタンの向きが一定になるので、手探りでも操作に迷うことはありません。

対応OSもWindowsとMacの両方で動作し、Windowsではパワーポイント、Macではキーノートとパワーポイントの両方に対応しているので、ほとんどの環境で利用できます。

せっかくプレゼンの内容が優れていても、手際が悪いと内容の印象まで悪くなりがちです。シンプルなkokuyosekiでスマートなプレゼンを演出してみてはいかが。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト