次代を創る!驚異のチャレンジ25連発

石油を生む“藻”に注目!

2013.08.13 TUE


画像提供:筑波大学渡邉信研究室、取材・文:吉原徹(サグレス)
オーランチオキトリウム/筑波大学 渡邊

バイオ燃料の分野で、現在有力視されているのが「藻」だ。2010年に筑波大学の渡邉信教授が発見した藻の一種「オーランチオキトリウム」は、2~20万ヘクタールの施設で培養すれば、日本の石油輸入量に匹敵するほどの燃料を生み出す可能性が。

昨年11月には仙台市と東北大、筑波大で研究協力を結び、実証実験にも乗り出す計画だ。

※この記事は2012年8月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト