ONで役立つグッズ!

場所を取らない棒状スキャナー

2013.12.03 TUE


重さは約185g。スキャン可能な用紙サイズは、名刺サイズからA4サイズまで。スキャンしたデータは、PDF、JPG、PNGから形式を選んで保存できる。補正後の解像度は、A4サイズ撮影時で160dpi相当。USBバスパワーによる電源供給が可能
スマホやタブレット型端末の普及により、紙資料をスキャンしPDFにして持ち歩いている人が増えました。しかし、そこで不満を感じるのが、スキャナーの大きさ。会社のデスクに自分専用スキャナを置ければいいのですが、結構な面積を占めてしまうため、導入をためらう人は多いでしょう。結局、離れた複合機まで歩いてスキャン…。正直、面倒です。

そんななか、この11月29日になんとも省スペースなスキャナーが発売されました。それが、キングジムから発売された『デスクショット』。特徴的なのは、オシャレなデスクライトにも見える、直立する棒状のオブジェのようなその形。

台座部分のサイズは、約幅6.5×奥行き7.8cmで、高さ38.6cm。デスクの面積を取ることもなければ、圧迫感もありません。

ここまでの省スペース化を実現できたのは、『デスクショット』が、可動部分のないスタンド型だから。スキャン方法は、本体の頂点部分に搭載した800万画素のCMOSセンサーカメラが、デスク上に置いた書類を撮影するというもの。スキャンする際に斜めに撮っても、こちらはもちろん、自動台形補正機能が働くのでご安心を。

基本的には、会議の資料や、名刺の整理を想定して開発されたようですが、個人的にオススメしたいのは、普通のスキャナーでは面倒な、こまごまとした卓上メモや付箋への使用。

とにかく手軽にスキャンが行えるこの商品。どんなメモもとりあえずスキャンして、クラウド上に保存しておけば、失くすこともなく、外出先から確認することも可能になります。

また、雑誌や新聞の気になった記事を、蛍光ペンで囲ってスキャンするだけでデータ化する「マーカーモード」も便利で、資料としてのスクラップなどにも威力を発揮しそうです。なお、明るさ・コントラスト調整、カラー・モノクロの切り替えが可能で、より見やすく加工することができます。

場所の問題で、マイスキャナ導入に及び腰だったあなた。デスクに1台、いかがですか?
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト