受諾した後、考えてみてやっぱり…

内定を辞退したい時、どう伝える?

2014.01.13 MON

内定を受諾した企業があるのですが、考えた末に辞退しようと思っています。内定辞退をスムーズに伝えるには、どのようにすればよいでしょうか。(27歳・総務)

仕事と人生は密接にかかわるもの。だからこそ、真剣に考えてみて、やはり自分には合わないかもしれない…という思いが生まれることは、仕方のないことなのかもしれないが、一度受諾した内定を断ること、そもそも可能なのだろうか? リクルートエージェントに問い合わせたところ、やはり基本的にはNGとされているらしい。

新卒採用と異なり、中途採用では企業側も受け入れるためにいろいろな準備をしていることや、内定者が入社しなくなることで、人事は採用活動を再開しなくてはならないからだ。内定には法的拘束力はないとされているが、軽々しく辞退してよいものではないのだ。最悪のケースとしては、企業側から損害賠償を求められる可能性もあるという。

そういった事態にならないために、内定はよく考えて受諾する必要がある。複数の企業に応募している場合は、第一志望の会社から先に結論が出るように、最終面接の日程調整を行うなど、スケジュールを管理することが大切だ。

なお、リクルートエージェント社では、キャリアアドバイザーが面接スケジュールを調整し、第2志望以下の企業に先に内定したときには、返事を待ってもらうよう交渉も代行してくれる。転職エージェントを利用する場合は、キャリアアドバイザーに自分の志望順位をしっかりと伝えるようにするとベスト

こうした前提を踏まえて、それでもやむを得ず辞退する場合は、早急に人事に連絡すること。連絡方法は、電話でも構わない。早く伝え、企業側へかかる迷惑を最小限にすることが先決なのだ。

※この記事は2012年06月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト